SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ヤマト運輸とミライロ、「ユニバーサルマナー検定」を共同開発 ヤマト運輸社員が受講しマナー向上はかる

 ヤマト運輸とミライロは、人権・多様性を尊重する社会の実現に向けた取り組みの一環として、日々の業務に即したヤマトグループ独自の「ユニバーサルマナー検定」を共同開発した。障害のある人の困りごとや適切なサポートなどを学習できるほか、荷物の受け取り・発送をする場面などを想定した、日々の業務に即した独自のカリキュラムとなっている。2022年9月からヤマト運輸社員を対象に順次受講を開始し、社員のユニバーサルマナー向上をはかる。

 なお、ミライロが企業オリジナルの「ユニバーサルマナー検定」を開発するのは、今回が初めてのこと。

 ヤマトグループは、人権・多様性を尊重し、“誰ひとり取り残さない”社会の実現を目指して、2014年に「ダイバーシティ基本方針」、2021年には「サステナブル中期計画 2023【環境・社会】」や「ヤマトグループ人権方針」を策定するなど、さまざまな取り組みを進めている。

 ミライロは、障害のある人の視点を活かしユニバーサルデザインに関するリサーチ・コンサルティングやデジタル障害者手帳「ミライロID」の開発・運営、ユニバーサルマナーに関する教育研修の企画・開催・運営などを行っている。

 ミライロが主催するユニバーサルマナー検定は、ユニバーサルマナーの実践に必要な「マインド」と「アクション」を体系的に学び、身につけるための検定。同検定3級は、高齢者や障害者への基本的な向き合い方や声がけ方法を学ぶ。また、同検定2級は、車いすの操作方法や視覚障害者の誘導方法など、実践的なサポート方法と、より詳しい知識を学び、多様な人々への適切なサポートができる人を目指すカリキュラムとなっている。

 両社はこれまで、2019年からユニバーサルマナー検定の実施や、2022年2月にはヤマト運輸営業所の施設に関する障害者や高齢者への配慮事項をまとめた「ユニバーサルデザインガイドライン」を策定し、ガイドラインに沿って営業所の現状確認を行うなど、さまざまな取り組みを進めてきた。

 今回、ヤマトグループ独自の「ユニバーサルマナー検定」を共同開発し、2022年9月からヤマト運輸社員を対象に役職者から順次受講を開始。社員のユニバーサルマナーの向上をはかるとともに、人権・多様性を尊重する社会の実現に貢献する考え。

ヤマトグループ独自の「ユニバーサルマナー検定」概要

 障害のある人の困りごとや、それに対する適切なサポート、必要な配慮などをeラーニングによる動画で学習できる。ヤマトグループオリジナル版では、通常のユニバーサルマナー検定の内容にくわえ、視覚障害や聴覚障害のある人が自宅やヤマト運輸営業所で荷物の受け取り・発送をする場面などを想定した、より日々の業務に即した内容となっている。動画視聴後に試験を受け、合格者には認定証とヤマトグループ独自のユニバーサルマナー検定ロゴマークが入ったステッカーを配布する。

「障害者」の表記について「障がい者」と表記すると、視覚障害のある方が利用するスクリーン・リーダー(コンピュータの画面読み上げソフトウェア)では「さわりがいしゃ」と読み上げられてしまう場合があるため、「障害者」と表記しているとのことで、元リリースの意図を尊重してそのまま掲載します。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11763 2022/09/12 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング