SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

8割が1年で物価上昇を実感 今後「メルカリ」購入が増える商品に野菜や果物がランクイン/メルカリ調査

 株式会社メルカリでは、昨今のエネルギー・食品・日用品の価格高騰により生活防衛に注目が集まるなか、「メルカリ」の利用者が実践しているメルカリ活用法から、生活のヒント・生活防衛術を明らかにすべく、フリマアプリ「メルカリ」利用者47,092人を対象に、「物価上昇にともなう生活防衛」に関する調査を行った。

 同調査結果の一部抜粋は、次のとおり。

「メルカリ」利用者の80.9%が直近1年間での物価上昇を実感

 「メルカリ」利用者に対し、“1年前と比較して物価の上昇を感じるか”を質問したところ、50.4%が「感じる」、30.5%が「やや感じる」と回答し、合わせて80.9%が物価の上昇を感じていることが判明した。

物価上昇対策で「メルカリ」購入が増える商品TOP10 に「野菜」「果物」がランクイン

 物価の上昇を「感じる」、「やや感じる」と回答した38,103人に対し、物価上昇への対策として今後「メルカリ」での購入が増えると思う商品を質問し、得票数順でランキング化した。服、書籍、おもちゃ・ホビー、レジャー関連など、これまでの「メルカリ」でも人気だった商品が多数ランクインするなかで、「野菜」「果物」が7位、8位にランクインする結果となった(「野菜」「果物」は主に「メルカリShops」を通じて「メルカリ」内で出品・販売されている)。

「メルカリ」利用者の声 ※フリーアンサー抜粋
  • 農家直売がお安いと感じます
  • 野菜が値上がりしたときに「メルカリ」で長持ちするものを買っています。新鮮なのでかなりお買い得だと思います
  • 直接農家の方から買えるので新鮮
  • 野菜をまとめ買いして冷凍保存で節約

農家などがお得な「野菜」「果物」を出品中 「メルカリShops」

 2021年10月から本格提供を開始した「メルカリShops」には農家が多数出店しており、規格外などで“訳あり”だけど美味しく食べられる新鮮な「野菜」「果物」を販売している。

 「メルカリ」アプリで欲しい商品を検索し、ショップタブを選択すれば、「メルカリShops」出店者の商品を見ることができる。

使ったことがない調味料は「メルカリ」でお試し購入

 「メルカリ」利用者に対し、フリーアンサーでオススメのメルカリ活用術についてたずねた。購入したものの使用しなかった未開封の調味料が「メルカリ」で販売されており、「お試し」で購入されている(開封済みの食品はガイドラインで出品が禁止されている)。

「メルカリ」利用者の声 ※フリーアンサー抜粋
  • 調味料のお試しが手軽にできる
  • 珍しいなどで、お店で購入すると高い調味料は「メルカリ」で買うようにしている
ご当地の調味料などを購入することも可能
画像キャプションを入れてください

“将来売る前提”で買い物している商品1位「服」2位「書籍・漫画」3位「バッグ」

 「メルカリ」利用者に対し、普段の買い物の際に、“将来売る前提”で買い物している商品を質問し、得票数順にランキング化した。

 2020年9月に発表した「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査においても、「メルカリ」利用者の44.5%は新しいモノを購入する際は、将来売る際のリセールバリューを考慮することがわかっている。“将来は売る”を前提にすることで、服・書籍・バッグなど、普段の買い物がより気軽に行えるようになっている様子がうかがえる。

調査概要
  • 調査時期:2022年3月29日(火)から2022年3月31日(木)
  • 調査手法:インターネット調査
  • 調査対象:「メルカリ」の利用者 47,092人
    ※性別の内訳:男性26.6%、女性70.7%、未回答2.7%
    ※年代の内訳:20代9.5%、30代24.5%、40代代31.6%、50代23.9%、60代以上7.8%、未回答2.8%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11295 2022/04/20 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング