SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

コロナ禍で買い物の仕方に変化「化粧品」は7割/@cosme調べ

 アイスタイルは、メルカリと「化粧品/コスメの二次流通市場」に関する共同調査の結果を発表。また併せて、その背景にある化粧品購入における生活者心理や、二次流通市場において新型コロナウイルスが生活者に与えた影響などを紐解くため、@cosmeのプロデュースメンバーである18-69歳の女性 13,800名を対象に、二次流通での化粧品購入に関するアンケート調査を実施した。

9割が事前に試してから化粧品を購入したいと回答

化粧品や美容に関する行動

 普段の「化粧品や美容」についての行動や考え方について当てはまるものをそれぞれ5段階で聴取したところ、「人気な商品であっても自分に合うかどうかは分からない」という選択肢に対して、ほぼ全員が「そう思う/ややそう思う」と回答し、「化粧品を買うときは、サンプルやテスターを試してから購入したい」という選択肢にに対しても、9割が「そう思う/ややそう思う」と回答した。

テスターやサンプルを試せないことで購入を躊躇、失敗した経験あり

サンプルを試せないことでの失敗経験

 テスターやサンプルの使用と、化粧品購入の関係について聴取したところ、9割が「事前にテスターやサンプルで試すことができず、購入を躊躇したことがある」と回答。実際に購入を躊躇したアイテム、失敗した・後悔したアイテムについて聞いてみると、共に肌に触れる面積の広いアイテムであるスキンケア、ベースメイクの割合が高い結果となった。

5割強が二次流通での購入経験、そのうちの半数が化粧品購入経験

二次流通サイト利用経験

 フリマアプリやオークションサイト(メルカリ、楽天フリマ(フリル)、PayPayフリマ、ヤフオクなど)を利用したことがあるか聴取したところ、5割強が二次流通での購入経験があると回答。さらに、購入経験者のうち5割強が化粧品の購入経験があると回答した。

安く買いたいほか、お試し買いニーズも

二次流通サイト利用経験

 二次流通で化粧品を購入する理由として、最も多かったのは「少しでも安く買いたいから」であり、次いで「その化粧品を試したいから(試し買い)」が挙げられた。二次流通で化粧品の試し買いしたことのある人のうち7割半ばが「二次流通での試し買い後、正規販売ルート(一次流通)でリピート購入をしたことがある」と回答している。

 一方で、二次流通で購入経験のある人のうち半数弱が化粧品の購入は未経験と回答。「二次流通で化粧品を購入しない理由はありますか?」という質問に対しての自由回答によると、「人が使ったものを肌にのせることに抵抗がある」、「本物かどうかが分からないから」等、衛生面や正規品かどうか分からないと言った点で躊躇する様子がうかがえた。

7割強が化粧品の買い物の仕方に変化があったと回答

コロナ禍で買い物の仕方に変化

 新型コロナの感染拡大によって、買い物の仕方(買う場所や買い方、買う頻度)に変化はあったかをそれぞれ5段階で聴取したところ、化粧品、ファッション、食品、日用品、家具・インテリアの中で化粧品が最も買い方に「変化があった/やや変化があった」とする比率が高い結果となった。

新型コロナ終息後も店頭でのテスター使用は躊躇も

店頭でテスターを使うことへの躊躇するか

 カテゴリによる違いはあれど、新型コロナ終息後も店頭でテスターを使うことへの躊躇は続くという回答が多くみられた。 特にメイクアップ、ベースメイクカテゴリーの比率が高いですが、スキンケアにおいても「終息後も躊躇すると思う」との回答が5割を超えている。

調査概要

  • @cosmeにおける二次流通での化粧品購入実態調査
  • 調査地域 :全国
  • 調査方法 :Web調査
  • 調査時期 :2021年9月10日(金)~12日(日)
  • 調査対象者:@cosmeプロデュースメンバー 女性 15-69歳(@cosmeの年代構成比に合わせ割付)
  • 調査対象者数:13,800人
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10071 2021/10/17 18:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング