記事種別

FacebookやTwitterで投稿した画像に「あれ?」とならないために 仕様おさらいと便利ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

「STORYS.JP」で培ったソーシャルメディアマーケティングのノウハウを、EC事業者向けに伝授します。第2回は、代表的なソーシャルメディアに適した画像のつくりかたをお届けします。

あなたのSNSの写真は魅力的ですか?

 TwitterやFacebookに商品のリンクを投稿したけど、「商品画像が切れてしまった。」「画質が悪くて見にくかった」「画像が小さくしか表示されない」などで困ったことありませんか?

 実は画像を大きく、キレイに表示する「仕様」が決まっています。この仕様を満たすことで、効果的にソーシャルマーケティングを仕掛けることが可能です。今回はこの仕様について、解説していきます。

Facebookできれいに表示される画像の仕様とは

 Facebookは、簡単に最適な画像を作れるテンプレートを使いましょう。 Facebookで、リンク投稿のサムネイル表示サイズは、Facebookの開発者向け公式サイト「Optimize your image sizes to generate great previews」(英語)を読むと以下になります。

PCの場合

1.画像投稿の場合

  • 最大サイズは470×394px
  • 横長の画像は横幅が470pxになるように拡大・縮小される
  • 縦長の画像は縦が394pxになるように拡大・縮小される
  • 正方形の画像は縦横が394pxになる

2.リンク投稿の場合

  • 画像サイズの横幅が398px以上かつ高さが209px以上の場合、大きいサムネイルで表示
  • 小さいサムネイルのサイズは、158×158pxになる

スマホの場合

1.画像投稿の場合

  • 最大サイズは628×628px
  • 横長の画像は横幅が628pxになるように拡大・縮小される
  • 縦長の画像は縦が628pxになるように拡大・縮小される
  • 正方形の画像は縦横が628pxになる

2.リンク投稿の場合

  • 画像サイズの横幅が280px以上かつ、高さ146px以上の場合、大きいサムネイルが表示される
  • 小さいサムネイルのサイズは、88×88pxになる

 正確な数値を書きましたが、毎回このような数字を気にして画像を作るのは大変です。そこで便利なのが、面白法人カヤックのデザイナーによって作られた、「秘密のpsd」です。

 このテンプレートに沿って作るだけで、最適な画像をつくることができます。作った画像が最適化されたかは、Facebookが開発者に提供しているシミュレーションツール「OGP画像シミュレータ」を使って確認しましょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:EC事業者のためのソーシャルメディアマーケティング

2013年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5