SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

向畑さん×西井さん、2015年EC業界のキーワードを語る「スマホ」「ソーシャル」「LINE MALL」


 2015年、EC事業者は何に注力するべきなのか。GMOメイクショップ代表・向畑憲良さんと、warmth代表・西井敏恭さんに対談していただきました。今回は編集部から「スマホ」と「LINE MALL」のお題をお願いし、ソーシャルの話に発展しました。そして最後にもう一度、「リテンションマーケティング」です。

●対談前編『向畑さん×西井さん、2015年EC業界のキーワードを語る「リテンション」と「オムニチャネル』はこちら

スマホECと、アプリと、ソーシャルコマースの話

向畑 ECもデバイスはもう、スマホでしょう。

西井 リテンションマーケティングの意味でも、EC事業者のアプリに注目しています。まだ成功してるところはないんじゃないかな。「プッシュ通知」がよく言われますけど、そもそもどういうプッシュをしたらいいのか、マーケティングの視点から考えないといけない。

向畑 アプリ? スマホはブラウザかなと思うけど。一部、Amazonさんとか楽天市場さんとかはいいんですけど、EC事業者が作っても、ダウンロードされるかな。

西井 リピート用ですよ。オイシックスは毎週の買い物なので、必要だと思って今作っています。ドクターシーラボでも作りましたけど、けっこう使われてるんです。海外だと、航空券やホテルの予約に、皆「Booking.com」を使っていて、ブラウザを開いて検索しないんですよ。それは、そのアプリが本当に使いやすいから。リピートに本当に便利なアプリを作れば、ひっくり返せる可能性はあります。

向畑 そういう話ならあるかもね。僕がスマホで考えるのは、導線がどこになるかってことかな。PCは検索だったから、SEO、あとは広告くらいだった。スマホだったら、普段見てるのはソーシャルメディアで、後はゲームとブラウザ、Googleマップとかユーティリティ的なものですよね。その中でECにつながるのは、やっぱりソーシャルメディアでしょう。スマホになって、ソーシャルコマースにもうワンチャンスあるのかな。

西井 滞在時間のシェアで考えれば、あると思いますよ。

向畑 でも、2010年頃からフラシュマーケティング、グル―ポン、Facebookコマースとか出てきたけど、どれもそこまでうまくいってないですよね。その場に、何を目的に来ているのかということなんでしょう。そうなると、Facebookはコミュニケーションのツールだから、そこに購買活動は必要ないっていうことなんじゃないかな。お腹が減っていないのに食べ物を出されても、今は要りませんとなるのと同じで。でも、本は買いますね。

西井 僕がFacebookで本を紹介すると、めちゃめちゃ売れるんですよ。それはFacebookの特性で、僕のことを知っている人が見ていて、僕が面白いと言っているから買うっていうことでしょう。そこにキャッチコピーとかは関係ないですよね。

向畑 でも、カニを買うかっていったら買わないよね。

西井 僕がシェアしたロブスターは買ったでしょう。Facebookを見に来たとき、ロブスター買いたいなんて全然思ってなかったのに、僕が「めっちゃうまい」ってシェアしたら、欲しくなった。

向畑 ロブスターなら買うけど、カニなら買わないってことかな。

西井 カニだと汎用性がありすぎるのかな。たしかに本の中でも、ビジネス書は買うけど週刊誌は買わないかも。いえ、普通に週刊誌も買って読むんですけど、Facebookからの流れでは買わない。Facebookでは、変わった発見があった時に買いたくなるんでしょうね。

向畑 それがツールの特性ってことじゃないかな。

西井 ECサイトでも同じことですよね。そのECサイトがどういう特性を持っているか、つまり、品揃えにどういうフィルタリングがかかっているかがすごく重要だと思います。Amazonは何でも屋だからいいんですけど、同じ規模でできる他の事業者はいないわけなので、個別のECサイトは特性がないと。

 それはウェブの特性でもあるんじゃないかな。実生活に例えると、歩いて1分以内のところに1万店舗あるイメージ。夕飯の買い物に行く時に、なんでもあるところに行くか、新鮮な有機野菜だけを取り扱ってる店に行くか。中途半端なお店には、タイムセールやってるときしか行かなくなる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
LINE MALLとLINE Payの話をお願いしてみた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1621 2022/06/29 14:11

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング