SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

自社ECサイトで人を集め、儲かるための「仕組み」とは cotta石川さん×Socket安藤さん対談

製菓材料ECサイト「cotta」を運営する石川森生さんと、ウェブ接客ツール「flipdesk」を開発する安藤祐輔さん。著名なECサイトのマーケティングやコンサルなど、EC業界歴の長いお2人に対談してもらいました。

ECサイトのコンテンツマーケティングは「仕組み」で勝つ

安藤 「cotta」どうですか?

石川 おかげさまで伸びています。法人と個人のお客様がいらっしゃるんですが、個人が昨対で150%くらいです。

安藤 流入でいちばん多いのは?

石川 実はそこがユニークで、単体だとブログなんです。cotta内に「コレクル」というメディアがあるのですが、ブロガーさん等、コアなユーザーが集まる場になっています。

 そうしたコアなユーザーさんに、お気に入り商品を語ってもらうと、僕みたいにお菓子を作らない人間でも、なんか欲しくなるんですよ。これ、コンテンツだなと思いました。実際にやらせじゃなくて書いてもらうと、取り上げられた商品が前週比600%も売れたりして、しかも継続するんです。業務用だから、個人の方には商品の良さがわかりにくい、というのもあると思いますが、それにしてもすごい。いま、盛んにコンテンツマーケティングって言われてますけど、こういう売りかたができるECサイトには、効くと思います。

 とはいえ、うちみたいな小さいチームだと、コンテンツマーケティングは仕組み化しないと継続が難しい。仕組み化ができると差別化できて、コモディティ商品を売っていても勝てる。そこで、12月11日にレシピのキュレーションメディアme likey(ミーライキー)」(β版)をリリースしました。

 まず、うちのユーザーさんが、レシピの「ブックマーク」に困っているというのがありました。ブラウザのブックマークだと、デバイスをまたいで使えないし、Evernoteは敷居が高過ぎる。そこで「me likey」で、いいなと思ったレシピを一元管理できるようにしています。それが公開されて、コンテンツになっていくわけです。

 次に、クオリティの高いレシピはすでにウェブ上にたくさんあるので、新しいのを作るよりは、すでにあるものの中から参考になる情報を可視化する必要があるんじゃないかと思いました。裏側で、参考になる情報がわかるようなアルゴリズムを組んでいます。そういう「me likey」に来れば、Googleで検索する必要もなくなるんじゃないかな。

 加えて、cottaにはすでにキュレーターがいます。先ほどのブロガーさんたちは、毎日のようにお菓子やパンを作っていて、彼らのようになりたい人たちが読者としてついている。この人たちが使えるツールを作ってあげた瞬間に、キュレーションメディアになるなと思いました。

安藤 キュレーションアプリじゃなくてウェブなんですね。それは正しい、ウェブからやるべきだと思います。

石川 久々にこの意見一致しました。誰に聞いても、「なんでアプリじゃないの?」って言われるんです。

安藤 ECのマーケターなら意見が一致するんじゃないかな。ウェブならトラフィック集められますし、アプリはダウンロードの壁がありますからね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
自社ECで勝つには「仕組み」で人を集めること

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1573 2014/12/25 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング