SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

季刊ECzine vol.24定点観測

AIで下がる動画の敷居 工数を減らし手軽に活用を

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。エッジの久保田さんに、動画について聞きました。※本記事は、2023年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.24』に掲載したものです。

文字が動くだけでも変わる スマホ閲覧に最適化せよ

 アメリカのIT企業でのレイオフの報道が相次いでいる。動画コンテンツの投稿先となるSNSプラットフォーム運営企業も例外ではない。SNSを中心とした動画コミュニケーションに投資してきた企業ほど、動画施策の成果、ひいては全体の販促効果への懸念を覚えるわけだが、この時勢を久保田さんはどう見ているのだろうか。

「さまざまな報道はありますが、メディアプランニングにおいてFacebook、Instagram、TikTok、YouTube、Twitter、LINEはよく出稿先にあがりますし、広告効果も得られています。あくまで2、3年先の予想にとどまりますが、一時的にいずれかのプラットフォームでの広告効果が下がったとしても、ほかのメディアでカバーできる程度の影響にとどまるのではないでしょうか。そのうちにほかのメディアが登場するなどして、新たな出稿先ができるのではないかと考えています」

 このような状況下で注目するべきメディアとして、Amazonをあげた。Amazonに掲載できる動画広告枠はいくつかあるが、注目すべきは動画広告そのものより独自のターゲティング技術だと言う。

「ターゲティングをうまく活用することで良いレスポンスが得られています。直近では物価高騰の影響もあってか セールを訴求するクリエイティブが響く傾向にあるようです。まだまだ動画広告のクリエイティブを見かけることは少ないのですが、たとえば静止画の素材をベースに強調したいテキストをアニメーションで動かす程度の動画でも、アイキャッチになって効果が変わってきます」

 TikTokやYouTubeなど動画メディアに限らず、さまざまなプラットフォームで動画広告、動画コンテンツが配信されている。静止画中心で始まったSNSプラットフォームも動画に積極的な姿勢を見せているように、インターネットにおいて動画はもはやメインストリームのコンテンツだ。現状は静止画の広告のほうが多いとはいえ、いずれ動画であるというだけでは成果が出にくくなる懸念もあるが、効果的なクリエイティブとは。

「ショート動画の隆盛からもわかるように、スマートフォンでタイパ良く閲覧できる動画が成果につながりやすいと言えます。必ずしも時間をかけて作り込んだものが良いとは言えなくなっています」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
動画を活用したCRM 顧客との関係値で出し分けを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.24定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12488 2023/03/27 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング