SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネットショップを成功に導く 顧客単価の上げかた

こだわりを見せて顧客満足度アップへ 顧客単価向上につながる梱包の基本と工夫すべきポイント

 EC事業を軌道に乗せるには、地道な努力が必要。とは言え、どこに目をつけ、気を配れば良いのかわからない方も多いでしょう。EC業界歴15年、これまで1,000社以上の相談に乗ってきたスタックアンドスタック 大上さんが、EC売上アップに必要な着眼点として「顧客単価」にフォーカスした当連載。第8回は、「顧客単価を上げる梱包の秘訣」について解説します。

 前回の記事では、お客様のことを知る方法であるアンケートの意義や正しいアンケートの取りかたについてお伝えいたしました。

 お客様のことをよく知り、理解することで、ニーズにきちんと応えることができ、顧客満足度も上がります。顧客満足度が上がれば、お客様がリピートする回数も増えるため、顧客単価向上にもつながります。

 これまで顧客満足度を上げるための視点やアプローチ方法をいろいろとお伝えしてきましたが、「梱包」も重要なポイントのひとつです。ECサイトで商品を購入したお客様の期待がもっとも高いのは、商品が手元に届き、箱を開ける瞬間です。お客様と商品そのものが触れ合う場面の顧客体験を作り上げる上で欠かせない梱包でできる工夫について、今回はお伝えします。

「ただ包むだけ」ではない梱包の重要性

 物流文化が異なる海外、とくにアメリカなどでは「商品の中身さえ良ければ梱包は気にしない」というお客様も存在するそうです。しかし、安心安全に荷物が届くことが当たり前と言える日本でビジネスをする上では、商品そのものの美しさ同様、梱包資材での差別化も欠かせません。

 かつては中国なども「ただ包むだけ」といった梱包が主でしたが、EC化率の上昇や日本など他国のECサイトから影響を受けたのか、丁寧かつきれいな梱包を行うケースが増えてきています。たとえ、丁寧できれいな梱包で荷物が届く文化がない海外のお客様であっても、粗雑な梱包よりは見ためが良い梱包のほうが喜んでもらえる可能性は高いでしょう。好感度が上がれば、リピート購入につながるかもしれません。

 梱包はいまやECサイトが提供する世界観のひとつとして重宝されています。とくに初回購入のお客様にとっては、実際にあなたの会社の商品に直接触れる初めての機会です。ECで商品を販売するだけでなく、「待ちに待った商品が届いた」という高揚感にどのように応えるか、商品を通じて幸せな体験をどのように提供するかを考えるのも私たちの仕事と言えます。

 いくら見ためがきれいなECサイトを構築し、品質の高い商品を提供しても、直接の接点となる顧客対応や梱包が粗雑であるとお客様はがっかりし、離脱してしまいます。一度印象を悪くしたお客様から継続購入いただくことは非常に困難となるため、もちろんリピートにもつながりません。

 梱包は箱の内部だけでなく、お客様が受け取るその瞬間に目に触れる部分にも独自の工夫が可能です。配達員の人がお客様のもとに商品を届けるその瞬間からどこに目がいき、何か感じるかを思い浮かべこだわり抜いていきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
梱包の工夫は2段階に分けて着手 お客様目線で考えよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネットショップを成功に導く 顧客単価の上げかた連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社スタックアンドスタック 代表取締役 大上達生(オオガミタツオ)

15年1,000社以上のECサイトやネットショップのコンサルティングや実務サポートを行ってきた、EC(イーコマース)の専門家。2年間で年商1億円に到達するための「7つの原則」をはじめとする独自のメソッドをベースに、年商億越えのショップをはじめ、年商3億円、昨年対比売上10倍のクライアントなど、多くの成功事例を持つ。ECサイトの事業計画から運営まで、豊富な現場の経験から「分かりやすく非常に実務的」との声が多い。「Webショッ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10985 2022/03/08 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング