記事種別

「提案型の商品詳細ページ」で潜在的なニーズを刺激
雑誌・定期購読「Fujisan」のスマホECサイトをチェック 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

雑誌・定期購読専門「Fujisan.co.jp」のスマホECサイトでは、ユーザー自身が気づかなった潜在的なニーズを提案しています。ユーザビリティ上の一番の特徴は「提案型の商品詳細ページ」です。

Fujisanは、1つの商品詳細ページで複数の商品を提案

 雑誌・定期購読専門「Fujisan.co.jp」のスマホECサイトに訪れるユーザーは、何を探しに来ているのでしょうか。私が考えるに、一般的なユーザーは定期購読の仕組みについて、それほど詳しくないはずです。1年間分まとめて買えば、1冊あたりが割安になる、くらいのイメージではないでしょうか。

 そうしたユーザーに向けて、Fujisanの商品詳細ページは、定期購読に関する情報をあますところなく「提案」していきます。「紙版」「デジタル版」(「紙+デジタル」がある場合も)から選べ、それぞれで選択できる購読期間や価格がひと目でわかる仕組みです。

 雑誌の定期購読とはすなわち、「紙版を1年間」だと思い込んでいたユーザーは、新たな気づきを得るでしょう。つまり、ある1つの商品を探していたところ、たどりついた商品詳細ページで「紙版・6ヵ月」「デジタル版・2年」など、複数の商品を見つけることができるわけです。

タブによる切り替えは、気づかぬニーズを刺激する

 セブン&アイ・ホールディングスのオムニチャネルで重要な位置を占めそうな「セブンネットショッピング」。そのスマホECサイトでも、雑誌のデジタル版の購入をすることができますが、導く「電子版はこちら」ボタンは小さく、Fujisanと比べると、ユーザビリティがイマイチです。

 先述のとおり、Fujisanでは各商品詳細ページに「紙」と「デジタル」をタブでかんたんに切り替えられるように配置しています。これなら、もともとは紙の雑誌しか頭になくても、よくよく考えてみるとデジタル版がいいな、と思うきっかけにもなり、また逆もしかりでしょう。

 タブはよく使われるページの機能ですが、ユーザーが気づいていなかったニーズを刺激しやすい仕組みだと言えます。

本コラムの著者・飯野さん登壇!「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」

ECの歴史からデザインまで、12人のその道の専門家・人気講師が集結し、2日をかけてあなたを自社ECのプロにするための土台を作ります。本コラムの著者・飯野さんは、「スマホ売上UPのちょっとしたコツ50連発!」で登壇します。ぜひ、ふるってご参加ください⇒ ★★「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」の詳細・お申込みはこちら★★

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:新・スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5