記事種別

「カートに入れる」は業界用語 ヤフー「らくらく通販」、ECの当たり前を覆したスマホUIに注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ヤフーは昨年末に、シニア層を対象としたEC初心者特化型の「らくらく通販」をスタートしました。ECでの購買に慣れた私たちなら、迷わずに操作できるUIを徹底的に見直し、シニア層が迷わず利用できるよう、ユーザビリティを工夫しています。

ヤフーのらくらく通販、ユーザビリティ視点での3つのポイント

 ヤフーのらくらく通販では、シニア向けスマートフォンの「ドコモらくらくホン」のように、老眼対策としての文字サイズ拡大やボタン極大化も取り入れるなど、さまざまな工夫が見られます。

 こうした取り組みは、シニア層のECに対する不信感を払拭することも大きな狙いだと推測できます。そのため、すべてのECで採用できるわけではないものの、ターゲットのお客様が最も使いやすいユーザビリティを追求する姿勢は、参考になると思います。

 本稿では、ECユーザビリティの観点から、

  1. 言葉の選びかた
  2. UI
  3. 機能

の3つのポイントから、掘り下げてみていきます。

らくらく通販の工夫1:言葉の選びかたに絶妙なさじ加減

 EC業界にいると忘れがちですが、「カートに入れる」は業界特有の用語だとも言えます。同様に考えると、「買い物かご」の表現も、それがウェブサイト上でどのような意味を示すのか、慣れないユーザーにはわかりにくいかもしれません。

 「らくらく通販」では「この商品を買う」と表現し、わかりやすさを追求しています。

 こうした工夫は、ほかの表現にも見られます。「購入履歴」は「前に買った商品」に。役割は従来の購入履歴なのですが、スマホEC上で見る「履歴」という言葉が瞬時にイメージできないシニアもいるのでしょう。

 「カテゴリー」という言葉も使われていません。直訳すれば「分類・部類」となるはずですが、唐突に日常生活で使わない日本語が出てきても、違和感を覚える人もいるはずです。それを考えたうえで「カテゴリー」は「売り場」と表現されています。

 一方で、カタカナや専門用語をすべて言い換えているわけではありません。「ログイン」や「キーワード」、「検索」はそのまま使われています。これは、インターネットユーザーならわかるとの判断でしょう。

 この絶妙なさじ加減に、らくらく通販担当者のセンスが光っていると思います。

半年に一度のイベント、「小売EC」をテーマに3/17開催「ECzine Day 2016 Spring」

恒例となる春の無料イベント、今回は「小売EC」にフォーカスしました。カメラのキタムラ・逸見さん、三越伊勢丹・中島さんをパネリストに、JECCICA川連さんをモデレーターに、「ショッピング新時代、小売ECサイトの役割とは」と題し、ディスカッションしていただきます。詳細・お申し込みはこちら⇒ ECzine Day 2016 Spring


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 代表取締役 飯野勝弘(イイノ カツヒロ)

    日本IBM株式会社にて法人営業後、大手通販会社の通販部門責任者を経て、2000年に株式会社エムティーアイ(JASDAQ)執行役員モバイルコンテンツ事業部長として、公式コンテンツ500サイト以上の立ち上げを経験。現在、株式会社モバイルコマース代表取締役として、全国の通販企業のスマホサイトコンサルティング業務と開発運営を行う。主業務に「売上の上がるスマホサイトの改善」大企業か...

バックナンバー

連載:新・スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

この記事もオススメ

2016年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5