記事種別

ブランドの“愛され度”をGAで分析 Search Console16ヵ月化対応

定点観測02 分析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。プリンシプル木田さんに、分析について聞きました。※本記事は、2018年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.06』に掲載したものです。

ユーザーIDを用いなくとも クロスデバイス分析が可能に

 ひとつめのトピックスは、クロスデバイスでの分析について。

「ユーザーIDの設定なしに、クロスデバイスでのユーザーのサイトの利用状況が可視化できるようになりました」

 従来は、Cookieベースでの分析だったため、Aさんがデスクトップ(PC)でアクセスした場合と、スマートフォンでアクセスした場合、別のユーザーとしてデータが取得されていた。会員登録の仕組みを持つサイトであれば、ユーザーにログインしてもらえば同一ユーザーとして認識できた(ユーザーIDによる認識)が、そのアクションはユーザーに依存してしまう。デスクトップPCではログインしていても、スマートフォンではログインしていない、といったことは十分に考えられる。

 それが、公式ブログ「Google Analytics Solutions」の7月23日の投稿「Google アナリティクスの新しいクロスデバイス機能で、顧客をより的確に理解し、より適切なメッセージを届ける」によれば、ユーザーがそのサイトにログインしなくとも、クロスデバイスでも同一ユーザーとして認識し、分析できるようになったとのこと。Googleのサービスへのログイン情報を使い、ユーザーを認識することで実現しているという(ただし、個人は特定しない)。各サイトへのログインは難しくとも、GmailやYouTubeなどGoogleのサービスにはログインしっぱなしという人は少なくないため、捕捉率が高くなることが期待できる。

 管理画面の「プロパティ設定」>「トラッキング情報」>「データ収集」から、「Google signalsのデータ収集」の下にあるボタンを「オン」にして保存すれば利用できるようになる。

「デスクトップとモバイルなど、複数デバイスの組み合わせでアクセスしているユーザーの割合、デスクトップ→モバイル→デスクトップなど、使った順番までわかるんです。さらにいいのは、それぞれのセグメントについてユーザーあたりの『収益』までがわかること。複数デバイスからアクセスしてくれているのは、ブランドを愛してくれる、ロイヤリティの高いユーザーだと考えられます。現状の数値を把握し、複数デバイスの利用を喚起することでユーザーに対するプレゼンスをより高めていくといいでしょう。

 とくにスマートフォンで閲覧しているユーザーは、マイクロモーメント、つまり『今この瞬間、すぐ欲しい!すぐ知りたい』と思っている可能性が高いです。スマホのUI/UXを改善するとか、関連性の高い検索クエリについてはスマホでの検索結果の上位を取りにいくといったことが考えられます」

 もうひとつ木田さんが注目するのは、「集客デバイス」レポート。すなわち、はじめてそのサイトにアクセスしたデバイスがわかるわけだ。

「サイトへのアクセス自体はモバイルが増えているでしょうが、『収益』はデスクトップからアクセスしたユーザーのほうが大きいサイトが多いはず。最初にデスクトップからアクセスしたユーザーがロイヤルカスタマーになる可能性が高いならば、LTVの視点でも、たとえば広告施策を打つときに、やはり最初のアクセスはデスクトップからとったほうがいいかもしれない、といった判断ができるようになります」

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.06 定点観測

もっと読む

2018年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5