記事種別

メルカリの利用実績等を元に金利・利用限度額が決まる少額融資サービス「メルペイスマートマネー」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/08/04 09:00

 メルペイは、同社が運営する、フリマアプリ「メルカリ」のスマホ決済サービス「メルペイ」において、2021年8月3日(火)より、「メルカリ」の利用実績等を元に金利・利用限度額が決まり、「メルカリ」アプリで申し込みと利用が完結する少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を開始した。

 「メルペイスマートマネー」とは、20万円を上限金額として「メルカリ」における利用実績等を元に金利・利用限度額が決まり、「メルカリ」アプリで申し込みと利用が完結する少額融資サービス。一般的な金融システムで用いられる属性情報を元にした与信では、一律で金利・利用限度額が決まるが、本サービスでは「メルカリ」の販売実績等から予測された将来の販売傾向に応じて金利が優遇されるなど、ユーザーの利用状況に合わせて、より活用してもらいやすい条件に変動。また、利用後の支払いについても、「メルカリ」のポイントや売上金で返すことができ、「メルカリ」アプリ上で月々の返済日・返済額等の返済プランをいつでも変更できるなど、利用状況に合わせて柔軟に支払い方法を選択できる。

左:申し込み時の返済シミュレーション、右:利用中の返済見通し

 メルペイは、2019年4月より「メルカリ」における利用実績等を元に利用限度額が決まり、利用限度額の範囲内で後から支払える後払い決済サービス「メルペイスマート払い」の提供を開始、2020年7月には「メルペイスマート払い(定額払い)」として翌月以降に分割して支払える機能を追加。利用者は順調に拡大しているとのこと。

 今回、既存の「メルペイスマート払い(翌月払い・定額払い)」に加えて「メルペイスマートマネー」の提供を開始することで、日常の現金利用が必要な場面等でも「メルペイ」の活用の幅を広げ、属性情報のみでは与信を受けにくかったユーザーにおいても、学習やスキルアップといった自分への投資など、これまで以上に日常生活の多様なシーンで「メルペイ」を利用してもらいたい考え。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5