記事種別

「BASE」が佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸の送り状発行サービスに対応 拡張機能の提供も開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/08/28 08:00

 BASE株式会社が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」は、拡張機能「BASE Apps」にて、佐川急便の「e飛伝Ⅱ」、日本郵便の「クリックポスト」「Webゆうパックプリント」、ヤマト運輸の「B2クラウド」に対応する新機能「送り状データダウンロード App」の提供を開始した。

 同Appは、BASE加盟店を対象に提供する機能。ショップオーナーは、同機能を利用することで、佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸の送り状発行サービスに適したCSVデータをBASE管理画面の注文一覧からダウンロードすることができる。ダウンロードしたCSVデータを送り状発行サービスにアップロードすることで、送り状をプリンターから印刷することができ、数の多い送り状でもスムーズに用意することが可能に。BASEの拡張機能「BASE Apps」にて「送り状データダウンロード App」をインストールすることで利用できる。

 これまで、ショップオーナーが送り状を作成する際には、佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸が提供している送り状発行サービスに合ったCSVデータを作成するためにBASE管理画面からダウンロードした注文データをエクセルで加工したり、複写式の送り状に手書きしたりといった作業が発生していた。これを受け同社は、加盟店の配送業務の負担軽減を目的として、佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸の送り状発行サービスに対応する新機能の提供を決定したという。

 「送り状データダウンロード App」の特徴は、次のとおり。

佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸の3社に対応

 対応する送り状発行サービスは、佐川急便の「e飛伝Ⅱ」、日本郵便の「クリックポスト」、「Webゆうパックプリント」、ヤマト運輸の「B2クラウド」で、各サービスに適した送り状のCSVデータをダウンロードすることができる。また、送り状発行サービスを利用して作成した送り状はプリンターから印刷でき、ショップオーナーは配送業務の効率化を図ることができる。

送り状のCSVデータは、注文一覧から一括で取り込み可能

 送り状のCSVデータはBASE管理画面の注文一覧からダウンロード可能。ダウンロードの際は、一括ですべての注文を選択することも、日付を絞って選択することも可能で、注文件数の多い加盟店でも手間なくスムーズに送り状を準備することができる。

「CSV一括発送 App」との併用で出荷ステータスの管理もスムーズ

 ネットショップで購入された複数の商品ステータスを一度に1,000件まで一括で変更できる既存の拡張機能「CSV一括発送 App」と併用することで、配送業者IDや伝票番号も管理することができる。送り状の作成と出荷ステータスを同じ画面で管理できるので、配送に関する業務ミスの軽減も図ることができる。

 同社は今後も、BASE加盟店のネットショップ運営をスムーズにする配送機能を強化し、商品制作以外にかかるショップオーナーの負担を軽減する機能の開発に取り組んでいくとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5