SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

口コミにがっかり経験、ファッション情報の検索はインスタなど ジャストシステム調査2019年まとめ

 ジャストシステムが運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」では、全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」を、2012年7月から毎月1回実施。

 今回、そのときどきのトレンドに焦点を当てて調査を行っている設問について、2019年1月から12月までの調査データをまとめて分析し、その内容を「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2019年総集編【トレンドトピック版】」として発表した。

流行ファッション情報源として、「Instagram」が「Google」を抜く

 2019年6月度調査において、スマートフォンユーザーに、流行ファッションの情報収集をするサービスについて聞いたところ、「Instagram」がもっとも多く(29.4%)、次いで「Google」(28.3%)、「そのほかのサービス」(23.8%)だった。男女別に見てみると、男性は「Google」がもっとも多く(35.8%)、次いで「Instagram」(21.0%)だったのに対し、女性は「Instagram」(35.7%)、「そのほかのサービス」(27.3%)の順だった。

「購入商品が、口コミほどではなく、がっかりした経験がある」のは、約7割

 2019年7月度調査において、商品やサービスの購入や利用を検討する際、インターネット上の口コミを「ほぼ毎回参考にする」と答えた人は21.3%、「ときどき参考にする」人は50.1%だった。「ほぼ毎回参考にする」人の割合を年代別に見てみると、20代の割合がもっとも高く、約3割がほぼ毎回口コミを参考にしていた。

 また、「インターネット上の口コミ情報を参考にする」人のうち、購入した商品やサービスが「口コミの評価ほどではなく、がっかりした経験がある」と答えた人の割合は、68.5%でだった。

約8割が、次世代移動通信システム「5G」を認知

 2019年9月度調査において、スマートフォンユーザーのうち、次世代通信システムである「5G」について、「知っており、他の人に説明できる」「知っているが、他の人に説明できるほどではない」「聞いたことはあるが、よく知らない」をあわせ、認知度は81.1%。2018年9月度調査の認知度(51.7%)と比較すると、この1年で認知度は29.4ポイント増加していた。

Instagram「いいね!」数の非表示で、「いいね!がしやすくなった」人は約3割

 昨年、Instagram社は、他者投稿の「いいね!」数をタイムラインで非表示にするテストを実施。2019年8月度調査において、27.5%の人が、「いいね!」数が非表示になったことを認識していた。

 認識している人に「いいね!」数が非表示になったことによる変化を聞いたところ、54.1%の人は「特に変化はない」と答えた一方で、27.5%が「『いいね!』しやすくなった」、24.8%が「コメントしやすくなった」、23.9%が「投稿の内容をより楽しめるようになった」と答えた。

Instagramユーザーの約6割が、タイムライン上の広告に不快感

 2019年5月度調査において、Instagramのタイムラインに流れてくる広告に対して「不快感を抱く」と答えた人は59.1%で、2018年5月度調査(53.6%)と比べると微増。また、2019年5月度調査において、「不快感を抱く」人に対して、不快感を抱いたあとの行動について聞いたところ、「広告を非表示にしたことがある」人は32.4%、「アカウントをブロックしたことがある」人は19.7%だった。

スマートフォンユーザーの7割以上に、「ウェブ閲覧履歴を元にした広告配信と感じた」経験

 2019年12月度調査において、スマートフォンユーザーに、スマートフォンの使用中、自身のウェブ閲覧履歴などを元に、カスタマイズされた広告配信がされていると感じたことがあるかを聞いたところ、「感じたことがある」と答えた人は74.2%だった。

 そのうち、ウェブ閲覧履歴を元にした広告配信について、「便利と感じる」人は9.4%、「便利と感じるが、不快に感じることもある」人は37.3%、「便利とは感じないし、不快に感じることが多い」人は25.4%、「不快なのでやめてほしい」と答えた人は24.9%となった。

4割近くが、「アドブロッカーアプリ」を認知

 パソコンやスマートフォンにインストールすることでウェブ広告をブロックできる「アドブロッカーアプリ」の認知度は、2019年12月度調査では37.6%、2017年10月度調査では31.4%で、約2年で6.2ポイント上昇。2019年12月度調査で「アドブロッカーアプリ」を知っていると答えた人の割合を年代別に見てみると、10代と20代の認知度がほかの年代に比べて高いことがわかった。

調査概要
  • 調査名:モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査
  • 調査期間:2019年1月~2019年12月、毎月1回実施
  • 調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳から69歳までを5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ割り付けて回収(合計1,100名)。
  • 調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

 なおジャストシステムは、調査データをすべて収録した268ページのレポートを、自主調査レポートページから、無料でダウンロード提供する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/7685 2020/04/15 16:20

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング