SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Shopify Post-Unite Japan 2019開催 業績や日本人の購買行動分析結果を発表

 Shopify Inc. の日本法人Shopify Japanが、8月6日にグローバルカンファレンス「Unite」の日本版「Post-Unite Japan 2019」を開催。前年比の業績とともに、2019年に実装予定の新機能を発表している。また、日本人の購買傾向をまとめたデータも併せて発表された。

 主なトピックは、下記の通り。

新機能・アップデートを公開

1)オンラインストアのデザイン体験を提供

 オンラインストアデザインをアップデート。ストアのレイアウト・雰囲気のコントロールや公開前のデザインの保存とプレビューがよりシンプルになったことで、マーチャントはコードを編集せず、オンラインストアの外観をカスタマイズすることが可能に。

 また、Shopify内にビデオおよび3Dモデルにて製品を表示する機能が導入。加えて、サブスクリプション支払いソリューションをShopifyに直接統合することも可能となっている。

2)グローバル化

 中国語(繁体字・簡体字)、デンマーク語、オランダ語など、計11の新しい言語機能が導入。また、ShopifyのTranslations APIでは、製品、コレクション、ブログ投稿などで翻訳された購入者向けコンテンツデータを蓄積して活用することが可能になり、マーチャントは、複数言語で一貫したショッピング体験を消費者に提供できる。加えて、Shopify Paymentsを使用することで、マーチャントは複数の通貨での販売、現地通貨での支払いも対応可能に。

3)注文プロセスの管理や顧客体験改善を支援する、新しいバックオフィス配送機能の導入

 新配送機能により、商品・製品の特性や場所ごとに配送料と配送方法の設定が可能に。また、フルフィルメントAPIと注文編集機能によって、プロセスの可視化、情報の把握、管理もできるようになる。

4)速さと安定

 Shopifyのライブラリ機能がGraphQLで利用できるようになり、開発者はより高速で安定したアプリ構築が可能となる。また、Shopify App CLIを使用することで、開発者はすべてのアプリ構築手順を1つのコマンドにラップすることが可能に。これにより、今まで手作業で作っていたアプリの構成が自動生成できるようになっている。

 加えて、デスクトップ、Shopify Mobile、Shopify POSなどのアプリをShopifyに直接埋め込んだ新たな統合ツール「Shopify App Bridge」を開発。今までウェブとPOSで別々のライブラリを使用していた組み込みアプリが、これひとつで開発可能になる。

Shopify保有の購買データから、日本人の消費者購買行動分析結果を報告

1)購買傾向

 日本はどの国よりもリピーター率が高く、リピーターとして同じサイトから購入する傾向にある。

2)時期による購買の変化

 日本国内で最もネットショップの売上が上がる時期は11月。Shopifyのマーチャントはグローバルにビジネス展開を行っているため、BFCM(ブラックフライデー・サイバーマンデー)、独身の日、クリスマスなどのホリデーシーズン前の年末商戦との関連も考えられる。また、バレンタインデーの週、ホワイトデー、ゴールデンウイークも売上が大きく上がる時期となっており、2017年と2018年を比較するとゴールデンウィークの売上は2.5倍も成長している。

3)オンラインでの購買習慣

 アメリカの消費者は1回のネットショッピングで平均6アイテム購入するのに対し、日本人が1回のネットショッピングで購入するアイテム数は平均2アイテム。また、日本の消費者は購入決定までに平均27.6分かかり、1回あたりの平均出費は約1万5,308円と世界で一番多くなっている。

4)購入時間帯

 日本のオンラインストアの閲覧および購入時間のピークは22:00。北米のピークは17:00となっており、日本人の遅くまで働く文化や北米の帰宅前に買い物をする傾向が見られる。

5)デバイス

 日本人はネットショッピングをする際、携帯電話を使用する率が60%以上と最も高く、次いで、パソコン、そしてタブレットとなっている。

6)購入商品ランキング

 日本国内で最も購入が多い商品カテゴリーは、シャツ&トップス。第2位以降は本、携帯ケース、紅茶&フレーバーティーと続く。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/6934 2019/08/07 16:20

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング