SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

楽天、EC事業の営業利益マイナスも注文数上向きーポイント還元で取引数増を目指す

第3四半期の決算を発表する、山田善久副社長執行役員

 楽天は、2016年1~9月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。それによると、第3四半期の国内EC事業の売上収益が、前年同期比で6.7%増となった一方、同営業利益は17.3%減となった。

販促費の影響で営業利益は現状でマイナス

 同社は今期、同社の主力サービスである国内ECにおいて、新規ユーザー獲得や、いわゆる休眠ユーザーへの再販促、長期的なロイヤルカスタマー育成のための販促活動を実施。その結果、販促費が増加した一方で、国内ECの売上収益が堅調に推移したと報告。具体的には、楽天市場での注文件数が前年同期比で17.0%、購入者数が10.9%、新規・復活購入者数が5.6%と増加した。また、第3四半期の広告収入も、前年同期比でプラスに転じたことを明らかにした。

ユーザーの注文数などは増加傾向にあると強調

 利用者数の増加を支えているのが、「スーパーポイントアッププログラム(以下、SPU)戦略」だ。これは、楽天カードや楽天市場アプリ、楽天モバイルなどを利用することでポイント還元率が高まるサービス。同社は今年1月に本サービスを開始し、第2四半期の発表では、SPUにより楽天カード保有者のEC利用額がカード未保有者に比べ約2倍に増加したと発表していた。

 楽天市場では、このSPUを継続し、長期的・安定的にユーザー数・注文件数を増加させていく。さらに、10月28日に買収を発表した爽快ドラッグのについて触れ、同社の国内ECプラットフォーム上で商品数の少ない領域を、直販モデルで補強する方針を発表。幅広いユーザーへの波及を目指していくという。

広告事業は今期でプラスに転じた

 さらに、海外EC事業においては、先行投資を今後も継続。海外ECではEbates、コンテンツサービスではOverDriveの成長による売上収益の増加を見込んでいるとした。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/3831 2016/11/11 15:20

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング