SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

日中経済交流協会、クルーズ船で訪日する中国人客向け通販カタログを創刊

 日中経済交流協会は、買い物を目的に訪日する中国人に対し、知名度はないが高品質な商品を製造・販売する日本の中小企業の商品を紹介する通販カタログ「八仙倶楽部」を創刊した。創刊号は夏号(6~8月)として発刊し、今後は3か月毎の季刊発行で各号15万部を配布。中小企業の商品のほか、全国の特産品なども掲載し、地域の知名度向上や地域経済の発展にもつなげていく。

 創刊号では「日本に来たら買うべきお勧め商品」を特集。また、中国の大気汚染対策や、癌の死亡率が最低の日本の都市の秘密など、日本の文化や風習にちなんだ記事も提供している。

 「八仙倶楽部」は、日中経済交流協会の提携先で、クルーズ船ツアーの募集会社の青島朝日国際郵輪旅遊有限公司が、青島・上海・天津・厦門から日本に向け出港するクルーズ船の乗客に対し配布される。乗客は訪日前に日本の商品情報を得ることができ、買い物の参考にできるほか、青島朝日国際郵輪旅遊のWebサイトで購入することができる。

 クルーズ船の寄港については今後も増加が見込まれ、日本の港の中で最も寄港船数が多い博多港では、2016年のクルーズ船入港予定数が400隻を超え(2015年の寄港数は259隻)、大半が中国からのクルーズ船となっている。クルーズ船の場合、日本の寄港地での上陸に関しては査証申請の必要がなく、「船舶観光上陸許可書」で入国が可能となっており、中国人の人気も高まっている。

 中国からのクルーズ船では初めて訪日する人の割合が高く、飛行機とは異なり買い物品が多くなっても持ち帰りの重量制限がないこともあり、買い物需要が高いのが特徴。一方で、上陸後はバスで団体行動をすることが多いため、一度に多くの人が立ち寄る店舗では品切れになることもあり、目的の商品が購入できなかった中国人からは不満の声が上がっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/3197 2016/06/01 15:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング