SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

Mirakl、国内EC市場に関する考察レポート公開 ミディアムサイズプラットフォームの可能性を解説

 エンタープライズマーケットプレイス構築のためのSaaSプラットフォームを提供するMiraklは、デジタルコマース総合研究所の協力のもと、考察レポート「国内BtoC-EC市場の近未来予想と活性化への期待」を公開した。本レポートの公開にともない1月30日に実施された記者発表会には、Mirakl株式会社 代表取締役社長 佐藤恭平氏、株式会社デジタルコマース総合研究所 代表取締役 本谷知彦氏が登壇。国内EC市場の現状と今後の可能性について考えを述べた。

 現在、日本のEC化率は他国と比較しても低く、2021年時点で8.78%だ。それに対し、本レポートによるとアメリカのEC化率は約15%、中国では約35%、イギリスでは約30%となっている。また、Amazonなどの主要ECプラットフォームが国内EC市場の約7割を占めており、プラットフォームへの依存度が高いことも日本の特徴だという。

クリックすると拡大します

 こうした現状について本谷氏は、実店舗を主軸とした流通構造によるEC普及の遅れを指摘、国内EC市場を活性化させる手段のひとつとして「ミディアムサイズプラットフォーム」を挙げた。

株式会社デジタルコマース総合研究所 代表取締役 本谷知彦氏

 ミディアムサイズプラットフォームとは、Amazonなどのメガサイズプラットフォームよりも規模が小さく、自社ECサイトで自社の商品と他社の商品を販売する形態のことを指す。世界観が合致した他社の商品を同時に販売することで、ブランドイメージの強化も期待できるとのこと。

 佐藤氏は、アメリカの百貨店であるMacy'sを例に挙げ、ミディアムサイズプラットフォームの活用イメージを紹介。「自社サイトにおける品揃えに課題があったMacy'sでは、セラーを募り他社の商品も販売したことで、若年層の取り込みや売れ筋商品の確保が実現できた。さらに、顧客が自社と他社の商品を同時に購入していることもわかった」と説明した。

Mirakl株式会社 代表取締役社長 佐藤恭平氏

 佐藤氏は最後に「プラットフォームビジネスは先発が優位である」とし、Miraklの持つテクノロジーを活用して自社と他社、顧客の三方良しを目指すと意気込みを見せた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12338 2023/01/31 20:28

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング