SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

利用者の6割以上がTwitter上の情報きっかけに購買・来店経験/アライドアーキテクツ調査

 アライドアーキテクツは、Twitter上のクチコミの影響度およびクチコミが起きる理由を把握するため、インターネットリサーチを実施し、全国に住む16~59歳の男女のTwitterユーザー881名が回答した。

 同社では、企業にとってより良いマーケティングの支援に役立てるため、Twitter上のUGCが生活者の購買行動にどれほどの影響を与えているのか、生活者は誰のどのようなUGCに心を動かされるのか、そしてどんな時に自らUGCを投稿しようと思うのかについて、実態を把握する「生活者によるTwitter上でのクチコミ行動と、クチコミの影響度に関する調査」を実施した。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

65.5%のユーザーがTwitter上の情報をきっかけや参考にした購買経験あり 女性の方がやや購買経験率が高い結果に

 「Twitter上の情報をきっかけや参考とした商品・サービス購入の経験」について聞いたところ、全体の65.5%の人が何らかの商品やサービスの購買経験があると回答した。

 男女別にみると、男性の61.7%、女性の66.8%が、Twitter上の情報をきっかけや参考として何らかの商品やサービスの購買経験があると回答し、男性よりも女性の方がやや購買経験率が高い結果に。さらに、年代別に見ると、若い年代ほどTwitterをきっかけとした購買経験率が高く、15〜19歳は72.7%、20代は71.5%となった。30代も63.7%と、過半数を大きく上回っている。

男女・年代別の結果
男女・年代別の結果

10〜20代の約7割がTwitterをきっかけとした来店経験あり 若い年代ほどTwitterきっかけの来店経験率が高い傾向

 「Twitter上の情報をきっかけや参考とした来店・訪問の経験」について聞いたところ、全体の62.4%の人が、Twitter上の情報をきっかけや参考として、何らかのお店や施設への来店経験があると回答した。

 男女別では、男性の62.9%、女性の62.0%が、Twitter上の情報をきっかけや参考として、何らかのお店や施設への来店経験があるという回答となり、どちらも過半数を上回る高い割合で来店経験があることがわかった。年代別に見ると、若い年代ほどTwitterをきっかけとした来店経験率が高く、15〜19歳は69.7%、20代は67.9%となった。30代も62%と、過半数を大きく上回っている。

男女・年代別の結果
男女・年代別の結果

「一般ユーザーのUGC」が購買・来店のきっかけ1位に 2位以降は男女や年齢で異なる

 「購買や来店のきっかけになった投稿」について聞いたところ、全体の57.8%が「友人やフォローしている一般の人の投稿」と回答。次いで、インフルエンサーや芸能人の投稿(49.4%)、企業アカウントの投稿(47.8%)が続いた。

 男女別で見ても、「一般ユーザーの投稿」がもっとも購買・来店のきっかけを作っていることがわかる。次いで多い回答は、男性は「企業アカウントの投稿」、女性は「インフルエンサーや芸能人の投稿」となり、男女で違いがある結果となった。

男女別の結果
男女別の結果

 年代別に見ても、すべての世代で「一般ユーザーの投稿」がもっとも購買・来店のきっかけになっている。次いで多い回答として10代、20代は「インフルエンサーや芸能人の投稿」が挙げられた一方で、30代、40代は「企業アカウントの投稿」が挙げられており、年代によって参考にする情報が異なることが明らかとなった。

年代別の結果
年代別の結果

約半数がTwitter上へのUGC投稿の経験あり 男性の方が積極的に投稿する傾向に

 「商品・サービスに関する感想の投稿経験」について聞いたところ、全体の46.7%の人が、Twitter上に何らかの商品・サービスの感想を投稿したことがあると回答した。男女別では、男性の47.6%、女性の45.9%となっており、UGC投稿の積極性については男性の方がやや上回っている。

男女・年代別の結果
男女・年代別の結果

 さらに、「お店・EC通販サイト・ネットショップの感想の投稿経験」について聞いたところ、全体の41.0%の人が、Twitter上に何らかのお店・EC通販サイト・ネットショップの感想を投稿したことがあると回答。男女別では、男性の44.1%、女性の38.4%となっており、こちらも男性の方が、女性よりも6%ほど多い結果となった。

男女・年代別の結果
男女・年代別の結果

UGCを投稿する理由は「キャンペーン」、「商品やお店の良い点を知ってもらいたい」、「話題になっているから」。

 「Twitterに感想を投稿する理由」について聞いたところ、クーポンやプレゼントがもらえるキャンペーンをやっているから(43.0%)、良い点をより多くの人に知ってもらいたいから(41.1%)がともに40%を超え、自分にとっての直接的なメリットがあるからという理由と、良い商品やお店を多くの人に伝えたいという理由がほぼ同率の結果に。次いで、Twitter上でトレンドに掲載された話題だから(35.9%)、フォローしているユーザーが話題にしているから(30.2%)が理由に挙げられている。自分もTwitter上で盛り上がっている話題について投稿したい、というモチベーションが働いていると推察される。

画像を説明するテキストなくても可
調査概要
  • 調査時期:2022年1月27日~1月28日
  • 調査対象:全国に住む16~59歳の男女で、Twitterを利用していると回答した人
  • 調査方法:Fastask(ジャストシステム提供)でアンケート調査を実施
  • 調査対象数:881名
  • 調査主体:アライドアーキテクツ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11150 2022/03/14 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング