SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

旅行者の7割超が旅先のサステナビリティの取り組みに問題意識 事前の情報不足が課題/楽天トラベル調査

 旅行予約サービス「楽天トラベル」は、旅行者を対象に、旅行や観光分野のサステナビリティへの取り組みに関する意識調査を実施した。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

①旅行者の7割以上が旅行先や宿泊施設のサステナビリティへの取り組みについて問題意識

 旅行先や宿泊施設のサステナビリティ課題に対し問題だと感じるかたずねたところ、「気になることはない」と答えた人は25.4%となり、74.6%の人がいずれかの課題に対して問題意識があるという結果に。

 「ゴミ・廃棄物のポイ捨て、適切に清掃や廃棄がされていないこと」(41.4%) 、「多くの食品の廃棄を感じる、食べきれない量の食事の提供」(35.2%)、「宿泊施設で過度なサービスの提供(不要な使い捨てアメニティの提供や頻繁なタオル・シーツなどの交換など)」(24.3%)と続いた。不必要、不適切な廃棄の削減に関する課題対して関心が高い傾向がみられた。

②旅行先や宿泊施設でのサステナビリティに向けた課題は過度なサービス提供 課題に取り組む行動意欲は8割以上に

 上記①で提示した課題に対し、改善に向けた取り組みを行いたいかたずねたところ、80.7%の人がいずれかの行動をしたいと回答。

 観光地の不適切なゴミ処理、食品(フード)ロス、宿泊施設での不要な使い捨て備品や頻繁なタオル交換など過度なサービスの提供が、①での問題意識と同様に、行動意欲においてもトップ3にランクインする結果に。①・②のアンケートを通じて、民族文化や建築物・自然環境の保全といったスケールの大きい課題よりも、旅行先や宿泊施設の身近な課題に対してより関心が高い傾向がみられた。

③ 旅行先や宿泊施設のサステナビリティへの取り組みに関する情報不足、6割以上が感じる

 旅行先や宿泊施設のサステナビリティへの取り組みについて、旅行前に得られる情報の充足度を聞いたところ、選択肢すべての情報において6割から7割が「得られていない」と回答した。

 旅行先や宿泊施設のサステナビリティの取り組みに関心をもつ旅行者が多い一方で、事前に参考になる情報が不足している現状が明らかとなった。

赤枠:得られている=(「十分に得られている」+「ある程度得られている」)、黒枠:得られていない=(「あまり得られていない」+「まったく得られていない」)、枠なし:情報を必要としていない

赤枠:得られている=(「十分に得られている」+「ある程度得られている」)
黒枠:得られていない=(「あまり得られていない」+「まったく得られていない」)
枠なし:情報を必要としていない

④ 宿泊施設を選ぶ際に参考にしたいサステナビリティな取り組み 地域の食文化の提供や廃棄の削減が上位に

 「地域の食文化の提供への取り組み」(40.4%)がトップで、続いて「フードロスや使い捨てアメニティなどの廃棄の減少、削減への取り組み」(39.8%)と、ともに4割近い結果となり、「連泊時のタオルや寝具、シーツなどの過度な洗濯、交換を控えることができる、またバスルームの節水など、水の使用量削減への取り組み」(34.7%)と続く。

 宿選びにおいては、その地域ならではの食材を使った料理の提供や食品(フード)ロスなどの食事に関する取り組みや、備品の使い捨て、過度な利用の抑制などによる廃棄の削減に対して、特に高い関心がみられる結果となった。

アンケート概要

  • 調査対象:「直近2年以内に宿泊旅行経験がある」かつ「自分自身で宿泊の手配をした」ことのある男女20歳~69歳 1,081名
    (20代男性104名 女性106名、30代男性109名 女性110名、40代男性109名 女性110名、50代男性109名 女性106名、60代男性109名 女性109名)
  • 調査期間:2021年8月
  • 調査方法:インターネットリサーチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10226 2021/10/30 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング