SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

Tableauを活用したEC高速PDCA術

「Tableau(タブロー)」で作るダッシュボード
ECサイトパフォーマンスの全 体像を把握しよう


リスティング広告から在庫管理まで、EC担当者のデータ分析効率を上げるBIツール 「Tableau(タブロー)」を活用して高速PDCAを回しましょう。今回はダッシュボ ードの作りかたです。

Tableauでダッシュボードを作ろう

 本コラム第1回は、TableauからAPIを介してGoogleアナリティクスに直接接続し、データをTableauに取り込むまでを解説しました。

 今回(第2回)、および次回(第3回)は、Googleアナリティクスのデータに基づいた自社ECサイトのダッシュボードを作成する課題を通じて、Tableauの基本操作を解説します。ダッシュボードの目的とは、サイトの状況を把握することにありますので、要件として以下を満たす必要があります。

  1. 一瞥でサイトの状況が分かるようシンプルであること
  2. 異常値があれば、深堀りして分析できるようなアラートとなること
  3. 作成するのにあまり工数がかからないこと

 読者の皆さんの中にも、上記のようなダッシュボードを「定期レポート」として作成されている方も多いと思います。以下が、「リラックスアフタヌーン社」という架空のコーヒー紅茶専門ECサイトの7月13日週の週次ダッシュボードの一例です。データも架空のものです。

  Tableauで作成した週次ダッシュボード(2-1図)
クリックすると拡大します

 以下の指標やトレンドが一瞥できるのが確認できます。

  1. サイトの全体指標の詳細
  2. 直近5週間のメディア別訪問数(エリアグラフ)とコンバージョン率(折れ線グラフ)
  3. 直近5週間の新規リピーター別訪問数(エリアグラフ)とコンバージョン率(折れ線グラフ)
  4. 直近5週間のデバイス別訪問数(エリアグラフ)とコンバージョン率(折れ線グラフ)
  5. 直近3週間の訪問数(横軸)、コンバージョン率(縦軸)、売上(円の大きさ)の散布図
  6. 7/13週の自然検索キーワード訪問数Top10
  7. 7/13週のリスティング広告キーワード訪問数Top5
  8. 7/13週の商品別売上数量と商品の収益

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
計算指標の作成:アナリティクスのデータはそのまま使えない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Tableauを活用したEC高速PDCA術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社プリンシプル 副社長/チーフ・エバンジェリスト 木田和廣(キダ カズヒロ)

1989年早稲田大学政治経済学部卒業。豊田通商の南米駐在員として自動車販売に従事。ソフトバンクグループの株式会社カービューへの転職をきっかけにオンラインマーケティングの世界に入る。その後、大企業向けWeb解析ソリューション WebTrendsの営業を経てコンサルタントに転身。2009年には Goog...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/996 2014/10/06 13:04

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング