SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

カートASPの「お届け指定日」設定方法

地図から選んで地域ごとに指定も ショップサーブの「お届け希望日」設定方法


 EC事業者が再配達を減らすためにできる小さな一歩。それはECサイトの「お届け希望日」画面における、ちょっとした気遣いである。ASPカート「ショップサーブ」を利用しているショップの場合、どんな工夫ができるのだろうか。

 創業19年のEストアーが提供する「ショップサーブ」は、老舗ASPカートだ。導入店舗も1万1,000を超え、さまざまな商材の豊富な事例を持つのが強み。そのノウハウが、「お届け希望日」の設定にも活かされている。

 ショップサーブの「お届け希望日」設定の特徴は、「地域別に配送日・配送時間を指定する」「商品ごとの発送準備期間を設定する」の大きくふたつある。以下、詳しく見ていこう。

地域別に配送日・配送時間を指定する

クリックすると拡大します

 お届け希望日の設定は、それぞれのショップの事情や特徴を踏まえ、5つの指標から行えるのが特徴だ。「フリー項目」もあり、宅配ボックス利用の可否などの確認に活用されている。

「ショップ運営者の出荷業務の休業日」から設定する

 ひとつめは、ショップの出荷業務の休業日から設定する方法。休業日を入力することで、自動的に消費者が指定できる希望日が表示される。たとえば、土日とお盆に出荷業務を休む場合は、以下のような設定になる。

「配送業者の配達時間」から設定する

 ふたつめは、配送業者の配達時間から設定する方法だ。ゆうパック、ヤマト運輸、佐川急便など、配送業者ごとに配達時間が異なるため、それぞれの時間を設定することになる。

 「自由設定」は、配送業者に縛られず、自由に配送時間を設定するためのもの。「指定なし」は非表示にすることも可能で、消費者に、確実に時間指定をするように促す際には有効だ。

「地域別」に「日時」を設定する

 配送先、またショップ(倉庫)の所在地によっては、配送可能な日時が異なる場合もある。色分けされた日本地図から、ショップ運営者が直感的に操作できるようにしている。

「地域別」に配送日を指定する

クリックすると拡大します

地域別に配送「時間」を指定する

 地域別の最短お届け「時間」も設定できる。

「配送業者の集荷・出荷休業日」から設定する

 配送業者の集荷・出荷の休業日の視点からも、設定することは可能だ。

消費者が見る画面はこうなる

 上記の設定を行うと、消費者から見た画面は以下のようになる。「配送業者の集荷・出荷休業日」で設定した、5月11日~5月15日が、お届け希望日から除外されている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「商品ごとの発送準備期間」を設定する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
カートASPの「お届け指定日」設定方法連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4513 2017/05/23 11:58

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング