SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

新・スマホECユーザビリティの極意

18ブランドを販売する[.st]のスマホECサイトは、ブランド横断検索に注目!


アパレルEC「[.st](ドットエスティ)」のスマホサイトは、ブランド横断検索により顧客接点を保つ導線が秀逸です。

ブランド横断検索で、新しい出会い・販売機会を逸しない

 [.st]は、ローリーズファーム、グローバルワーク、niko and…など、18のアパレルブランドを取り扱う、アダストリア社のECサイトです。

 おそらく多くのユーザーが、「[.st]サイトに行こう」よりも、「自分の好きなブランドで新しい服を買おう」という動機でサイトに訪れているはずです。

 そんな[.st]のスマホECサイトで注目したいのは、「全ブランド一括検索」機能です。これにより、ユーザーはさまざまなブランドの商品と出会うことができますし、ブランドAのトップスが売り切れであっても、ブランドB,C,Dから好みのものを見つけられるかもしれません。

 企業側は、別ブランドを訴求し、販売機会を逃さずに済みます。「会社として」ユーザーと、ECサイトで接点を持とうとしているわけですね。

 ひとつ注文をつけるとすれば、「全ブランド一括検索」において商品カテゴリーの指定ができたほうが親切だと思います。

 また、「ブランドの複合検索」もあったほうがいいのではないでしょうか。たとえば、あるユーザーが、ブランドAでトップスを探したけれども見つからず、「全ブランド一括検索」にたどりつき、知った名前のブランドがあった場合、「ブランドB,Cの複合検索」で探すシーンが想定できるからです。

 さらに言えば、「全ブランド一括検索」からたどり着く商品詳細ページ、もしくはレコメンドアイテムのパーツは、別に用意してもいいかもしれません。現在、同一ブランドの商品が並ぶことが多いようです。

 ブランドページから「全ブランド一括検索」に移動したユーザーは、好きなブランドでなくても、気に入ったものがあれば買おうという意向が強いと考えられます。そうしたユーザーに、今後さらにどのようなレコメンドがなされるのか、注目したいと思います。

検索結果ページからブランド横断検索への「控えめな」導線

 あるブランドの商品カテゴリーを選び、検索結果一覧をスクロールしながら眺めていると、左下に「すべてのブランドから探す」が表示されるのも面白いと思います。

 このメニューによって、検索結果一覧からブランド横断検索ページに遷移できます。この工夫も、顧客接点を保つことを狙った自然な導線だと考えます。

 注目したいのは、一覧ページに遷移した時点では表示されておらず、ある程度スクロールすると、ポップアップとしてやや控えめに表示される点です。

 一覧にたどり着いた時点では、ユーザーはそのブランドのアイテムを見たい、探したいと思っているはずですが、ページの下部までスクロールしているのは、そこまでの段階で欲しいものが見つかっていないからです。そこまでくれば、他のブランドもオススメするという導線も自然でしょう。

 最初から表示されていると、ユーザー心理のギャップから、押し売りに感じてしまうユーザーもいるはずです。「すべてのブランドから探す」の配置ひとつにも、考えぬかれたユーザビリティを感じます。

本コラムの著者・飯野さん登壇!「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」

ECの歴史からデザインまで、12人のその道の専門家・人気講師が集結し、2日をかけてあなたを自社ECのプロにするための土台を作ります。本コラムの著者・飯野さんは、「スマホ売上UPのちょっとしたコツ50連発!」で登壇します。ぜひ、ふるってご参加ください⇒ ★★「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」の詳細・お申込みはこちら★★

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
コーディネートからのまとめ買い機能で一括購入を促進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
新・スマホECユーザビリティの極意連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社モバイルコマース 代表取締役 飯野勝弘(イイノ カツヒロ)

日本IBM株式会社にて法人営業後、大手通販会社の通販部門責任者を経て、2000年に株式会社エムティーアイ(JASDAQ)執行役員モバイルコンテンツ事業部長として、公式コンテンツ500サイト以上の立ち上げを経験。現在、株式会社モバイルコマース代表取締役として、全国の通販企業のスマホサイトコンサルティング業務と開発運営を行う。主業務に「売上の上がるスマホサイトの改善」大企業か...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2419 2016/02/01 16:06

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング