SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzine Day 2023 Winter レポート

AIとオフィス服を作ってみた オンワード樫山「any SiS」のMDがメリット・デメリットを解説

 2023年8月に「AIが導きだした“最強オフィス服”」と題し、ブランド初となるAIが抽出したデータを活用したアイテムの販売を行った株式会社オンワード樫山のブランド「any SiS(エニィ スィス)」。2023年12月7日開催の「ECzine Day 2023 Winter」にて、同社の第三カンパニー 商品Div. 「any SiS」担当マーチャンダイザーの奥村美幸氏が登壇。AIの分析データをいかに活用して商品を作り上げたのか、詳細を語った。

TPOを踏まえたオフィス服 マンネリ脱却と新たな視点を得るためAI活用へ

 any SiSは、オンワード樫山が展開するレディースアパレルブランドだ。「Lady to Wear, Ready for Feminine」をコンセプトに掲げ、20〜30代の働く女性に向けてフェミニンテイストをベースとしたアパレルを展開している。

 そんなany SiSが、パーソナルスタイリングサービス「DROBE」と手を組んで2023年8月に発表した「AIが導き出した“最強オフィス服”」。any SiSの商品開発担当(MD)が、DROBEのAIデータを活用することで誕生した、いわば「AIと人の融合」による商品だ。

クリックすると拡大します

 これらは、顧客の購買履歴をはじめ、提案アイテムに対する評価などを蓄積するDROBEのデータを基に、人気服の特徴をAIが抽出。導き出された要素に基づいて、any SiSのデザイナーがデザインを描き、形にする流れで進められた。

 そもそも、any SiSがAIデータを活用しようと思ったきっかけはどこにあったのだろうか。奥村氏は、初の試みとなる「AIとの商品開発」に至った経緯を次のように説明する。

「これまで新商品の企画案を考える際には、デザイナーやMDが膨大な時間をかけて過去の売上分析や最新のトレンド分析などを人力で行い、未来を予測しながら形にしていました。

 特にany SiSは、オフィス服の提案を行うブランドであるため、TPOに合ったデザインを施す必要があります。『AIからの提案』という新しい視点で服作りをすれば、デザインのマンネリ化を防げるのではないか。おもしろいアウトプットができるのではないかと感じ、チャレンジしてみることにしました。DROBE様のデータを採択したのは、同サービスのユーザーとany SiSのファンの親和性が高いから、という理由もあります」

株式会社オンワード樫山 第三カンパニー 商品Div. 「any SiS」担当マーチャンダイザー 奥村美幸氏

 今回販売したアイテムは、ブラウス2型、ワンピース・スカート・ニットアンサンブルが各1型の合計5型。1つの特集で打ち出すアイテム数としては多すぎず少なすぎず、といったところだが、奥村氏いわく「着回しのしやすさを考慮して、トータルコーディネートも組める型数にした」という。

 AIに欲しいデータを抽出してもらうには、人間の「指示」が的確でなければならない。any SiSでは、「展開時期」「展開希望アイテム」といった条件や「通勤」「きれいめ」といったキーワードを提示。AIが抽出したデータは、「着丈」「ネック」「袖(丈)」「袖(デザイン)」「シルエット」など、部位や特徴ごとに要素を整理した上でランク付け、可視化がされ、それを参考にミーティングで方向性を決めていったという。

「慣れるまでは、思ったものとは違うデータが上がってくることもあり、試行錯誤したのも事実です。知りたい情報が抽出されるように、メンバーと話し合いながらAIへの依頼内容を調整するなどして、方向性が見えてきました」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
AIの提案でMDプランを変更 「期待を裏切るデータ」をどう受け止めた? 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2023 Winter レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

夏野 久万(ナツノ クマ)

フリーライター。制作会社などで勤務後、独立。紙媒体をはじめ、企業のオウンドメディアやビジネス系、ライフスタイル系メディア、コラム、エッセイなども手掛ける。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/14014 2024/01/31 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング