記事種別

Yahoo!、Google検索はもう古い? 若者はツイッターやインスタグラムでなにを検索しているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/22 13:00

 ネット行動のカギを握る「検索」だが、若者はこれまでのように「検索サイト」で探すことにこだわらないようだ。

 LIDDELL株式会社は、若者100人を対象にアンケート調査を行った。最近、よく使っている検索についてたずねたところ、1位「Google」(33%)、2位「Twitter」(31% )、3位「Instagram」(24%)、4位「Yahoo!」(12%)となり、TwitterやInstagramといったソーシャルメディアが検索エンジンと並んで利用されていることがわかった。

 また、自分の知りたいジャンルによって検索の方法を使い分けているようだ。GoogleやYahoo!は、わからないことを探すときや、正しい情報を知りたいときに利用する。Twitterは、速報などを知りたいときや、ニュース速報、ライブ情報、ゴシップ・トレンドなどの最新情報を知りたいときに活用することが多い。さらに「渋谷 ひま 遊び」など居場所に関する検索もTwitterで行っているという。

 Instagramを使うのは画像をもとにした情報を探すときで、髪型や洋服、ネイル、メイク、「可愛い」などの直感的な検索がほとんど。飲食店のメニューは見ずに、インスタグラムで「#◯◯カフェ #おすすめ」といった検索結果で表示された画像を見て注文を決めたり、観光地などで景色などを見に行く場合、まず#(ハッシュタグ)で検索してから訪問するという人も。また、信頼する、関係性が深い、もしくは憧れの人が掲載している画像はより行動に移りやすいとの意見が見られた。  



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

この記事もオススメ


2016年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5