記事種別

はじめてのAmazon出品ガイド[1]
出品形態、商品カテゴリ、配送、商品登録を知ろう

第1回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

成長著しいAmazon。はじめて出店するために知っておきたいことをお届けします。  

 「安い」「送料無料」「即日お届け」で、日本でも成長著しいAmazonのネット通販。Amazonが公表した日本国内の2012年12月期売上高は約7,300億円。前期比18.6%増で(Amazonが米国証券取引委員会に提出した年次報告書から判明)、他のモール出店者にとっても実店舗にとっても脅威となっている感じがします。

 すでにネットショップを運営している店舗さんからも、「Amazon出品方法がわからない」「どうやったら売れるのかわからない」という声を聞く機会が多くなってきました。そこで、Amazon出品について、全3回の連載で解説していきます。

 今回のテーマは「Amazon出品について知ろう」で、以下4つのトピックスを取り上げます。

Amazon3つの出品形態

 Amazon出品(出店)サービスは、Amazon.co.jp上で商品を販売するためのサービスで、その出品形態は「小口出品」「大口出品」「出店型出品」の3つの形態があります。

出店形態 特徴
小口出品
  • 月間登録料がない
  • 成約商品1点につき100円の成約料
  • 各種出品ツールが使用できない
  • 出品できないカテゴリが多い
大口出品
  • 月間登録料4,900円
  • 基本成約料がない
  • 各種出品ツールが使用できる
  • 一部出品許可が必要
出店型出品
  • 出店という形で商品を販売する出品
  • 配送料や返品ポリシーなどを独自に設定可能
  • お店のトップページデザイン可能
  • お店独自のカテゴリを設定可能
  • カートボックスに出店型出品者名が表示
  • その他月間登録料など優遇あり
「小口出品」では月間登録料はないが、成約商品1点につき成約料がかかるほか、
各種出品ツールが使用できない、出品できないカテゴリが多いなどの制限がある

 月に予測される注文数が40件以下という、商品数が少ない出品者向けが「小口出品」で、法人や個人事業主に関わらずその多くは「大口出品」です。

 「出店型出品」は、出店という形で商品を販売する出品で、お店のトップページ(ストアフロント)をデザインできるなどメリットが多い出品形態です。しかし、Amazon独自の判断で選ばれた出品者しか使えないサービスです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:はじめてのAmazon出品ガイド

2014年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5