記事種別

お手軽に使いたい人にはオススメ 「ショップサーブ」での拡張eコマースも含めたGA設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/07/17 08:00

この連載では、制作会社の方々に向けてASPショッピングカートでのGoogle アナリティクスの設定方法をわかりやすく説明していきます。ショップサーブは拡張eコマースとクロスドメインにデフォルトで対応しているのでとても使いやすいのが特徴です。

ショップサーブのアナリティクス設定は「IDを入れるだけ」

 今回は、ショップサーブでのGoogle アナリティクスタグの設定です。

 設定方法はとっても簡単で、管理画面からGoogle アナリティクスのIDを入れるだけ。クロスドメイン用のカスタマイズする必要はありません。

 設定場所は、管理画面の集客・運用>アクセス集計タグ設定です。ここで、以下の図の「ウェブプロパティID」に、自分が使っているGoogle アナリティクスのIDを入れるだけです。

 Google アナリティクスのIDは、Google アナリティクス設定>プロパティ設定から確認してください。下図の赤枠の部分です。

 しかも、これでスマホページにも対応してしまいますので、かなり楽ですね(スマホページの作成は有料オプション)。

参照元除外とフィルタを忘れずに。広告向け機能にももちろん対応。

 上記のように、タグの設置自体は簡単ですが、参照元の除外とフィルタの設定は忘れずに。

 ショップのドメイン、カートのドメインを除外してURLが区別できるように、フィルタを設定しておいてください。

 また、ga('require', 'displayfeatures');の記述が最初から追加されていますので、広告向け機能を使うことができます。設定はこちらを参照ください。

カンタンだからこそ、カスタマイズには不向き

 前回まで解説してきたフューチャーショップと違い、ショップサーブの場合はIDを入れるだけなので、タグのカスタマイズが難しいです。eコマースのタグを完了画面に入れるには前述の方法しかないため、カスタマイズするのはあきらめたほうがいいでしょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:制作会社のためのGoogle アナリティクス設定術

もっと読む

2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5