SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.07 定点観測

カート完遂率をチェック 改善に決済手段の追加検討も

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。プリンシプル木田さんに、分析について聞きました。※本記事は、2018年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.07』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

決済手段のトレンドと カート完遂率をウォッチせよ

 今回のテーマが「キャッシュレス決済」ということもあり、木田さんは経済産業省が毎年行っている『電子商取引実態調査』をチェック。報告書には決済の項目があり、「インターネットで購入する際の決済方法」の調査が行われている。2018年4月に発表された平成29年度調査では、「クレジットカードでの支払い」が63%で最多、次いで「コンビニエンスストアでの支払い」が35.1%、「代金引換」が32.0%となっている。

「最新版を見て終わりではなく、過去のデータと比較すると各決済手段の動向がわかります。たとえば、28年度調査を見ると『クレジットカードで支払い』が最多なのは変わらずですが、割合は69.2%ありました。よって、主要な決済手段ではあるけれど、少し下降気味ではないかとも考えられます。代わりにどの決済手段が増えているのかを探してみると、『通信料金・プロバイダ利用料金への上乗せ』が28年度調査では8.8%、29年度調査では12.3%と4%弱伸びている、といった発見があります」

 この調査結果と、Google アナリティクスがどう結びつくのか。木田さんは「ビッグファネル」の考えかたを紹介してくれた。

「セッション、コンバージョンレート、収益といった指標は、多くの方がチェックされていますし、商品ページを閲覧してから実際に購入するまでのステップで、ファネルが描けるのもご存じかと思います。GAでは、このファネルを細かいステップに分け、各ステップの数値を見ることができます。そのステップのうち、商品をカートに入れてから購入までの『カート完遂率』の改善は、収益に大きく貢献するため、改善する優先順位が高いポイントです。カートに商品を入れたけれど決済しない、いわゆるカゴ落ちの原因に、『使いたい決済手段がない』という理由が大きく寄与しているのは、よく知られるところです。よって、カート完遂率をGAで確認し、改善のために経済産業省の『電子商取引実態調査』を参考に、新たな決済手段の追加を検討するのは、有益な改善施策と言えます」

 木田さんが複数のECサイトを支援してきた結果、カート完遂率はPCで40%、スマートフォンで25%が合格ラインだと見ている。

「商材や商品単価によって多少前後するのですが、このラインよりも大幅に低い場合は、改善の余地があると見ていいでしょう」

 GAで「カート完遂率」をチェックするには、設定が必要だ。コンバージョン>目標>目標到達プロセス にて、「注文完了」を目標に、各ステップとそのURLを登録しておくと、コンバージョン>目標>ゴールフローでレポートを見ることができる。ステップを細かく設定したビッグファネルを見るには、拡張eコマースが必要だ。

 なお、GAでこの設定を行っているのは、木田さんの経験値によれば6割程度だと言う。

「eコマーストランザクションとは別に、目標を立てないといけないので、わかりにくいんですよね」

 まずはゴールフローでレポートを見ることで、コンバージョンに至る前のステップの改善を、必要であれば新たな決済手段の追加などによって行いたいところ。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
2018年振り返りと2019年の注目ポイント

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.07 定点観測 連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/6272 2019/09/13 12:05

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング