SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

応援購入文化を生んだMakuakeが語る未来/アサヒビール、没入型体験を提供

-[Vol.495]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━[AD]━━━━━━━━━━━━━━
『毎年恒例の大人気セミナー 2023年SEO総括 を再放映します!』
2023年は、Googleが8月以降3回もコアアップデートを実施する異例の年でした。
2023年にどのような変動が発生したかに加え、生成AIの登場なども注目される中で
今年SEOですべきことはなにか、Googleのリリースなどを読み解き解説します。
セミナー詳細はこちら >> 
━━━━━━━━━━━━━━[AD]━

[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピックス
[2] 新着記事一覧
[3] 新着ニュース
[4] 人気ランキング
[5] 配信停止の方法

ニュース・記事配信中! ECzineのソーシャルメディアはこちら
* X(旧Twitter) : 
* Facebook: https://www.facebook.com/eczine
記事のプッシュ通知設定はこちらから
https://eczine.jp/push/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
今週のオススメはこちらです。

●日本の産業に“応援する”文化を生んだMakuake 売り手と買い手の
距離感を変える次の10年
https://eczine.jp/article/detail/14004?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

2013年に10周年を迎えた「Makuake」と「ECzine」。
お互いにこれまでのEC業界の移り変わりを見てきました。
Makuakeの中山亮太郎氏とECzine編集部が、
「応援購入文化」の誕生秘話や
ECが提供できる体験価値の可能性について語り合います。

●ワンチームでEC事業者をフルサポート 多様化するニーズに対応する
「EC Cart+」の可能性(AD)
https://eczine.jp/article/detail/13866?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

昨今、EC事業者の課題は、ファン化やコミュニティ化に向けた体験提供など、
「売上の先」へ移り変わっています。
地方や中小事業者のEC化の遅れに着目し、
各社を支援できるモールのようなプラットフォームを
構想する事業者も現れ始めました。
本記事では、これらの課題や要望をカバーする新たなカートシステム
「EC Cart+」に迫ります。

ニュースはこちらをご紹介。

●アサヒビール、スーパードライ初の体験型コンセプトショップを銀座に
4月下旬オープン 若年層の飲用喚起へ
https://eczine.jp/news/detail/14084?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

“「スーパードライ」の世界に没入する。”をテーマにした、
アサヒビールのコンセプトショップがオープンされます。
商品製造の速度や迫力を五感で感じられるアトラクションなど、
世界観に没入できる仕掛けを用意し、
商品体験の機会創出と若年層の飲用喚起を図るとのことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事一覧:5本(1/10~1/17)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2023年12月にいちばん読まれたEC関連のニュースはどれだ!? アクセストップ10
 2023年12月にいちばん読まれたEC関連のニュースは?
アクセストップ10は次のとおりです。
https://eczine.jp/article/detail/14083?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

◆2023年12月にいちばん読まれたEC関連の記事はどれだ!? アクセストップ10
 2023年12月にいちばん読まれたEC関連の記事は?
アクセストップ10は次のとおりです。
https://eczine.jp/article/detail/14082?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

◆日本の産業に“応援する”文化を生んだMakuake 売り手と買い手の
距離感を変える次の10年
 ものづくりに挑戦する作り手を資金面から応援し、
商品を買いたい人とつなぐ「応援購入文化」を根付かせた株式会社マクアケ。
今回は、2013年にサイバーエージェント内の新規事業として生まれた同社の
代表取締役社長 中山亮太郎氏に取材した。
同じく2013年にオープンしたウェブメディア「ECzine」の編集部と
意見を交わし、10年を振り返りながら今後のeコマースの可能性を探る。
https://eczine.jp/article/detail/14004?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

◆売るための場作りだけがアプリの役割ではない 密な交流や特別感の演出、
OMO推進の成功事例を紹介
 ブランドが顧客の生活の一部になるようなコミュニケーションを構築するには
どうすればいいか。手段の一つが、魅力的なアプリの提供だ。
2023年12月7日に開催した「ECzine Day 2023 Winter」では、
アプリプラットフォーム「Yappli」を運営する
株式会社ヤプリ マーケティング部 神田静麻氏が登壇。
国内で800以上のアプリ開発実績があるYappliのユーザー企業の中で、
顧客との関係構築やECの売上拡大に成功した事例を紹介し、
活用のポイントを解説した。
https://eczine.jp/article/detail/14010?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

◆ワンチームでEC事業者をフルサポート 多様化するニーズに対応する
「EC Cart+」の可能性
 年々拡大するEC市場。ただものを売る場を作るだけでなく、
「課題を抱える事業者を支援するためにモールを始めたい」など、
目指す先や抱える悩みも多岐にわたっている。
また、これらは時代の流れに応じて今後も変わり続けるだろう。
そこで求められるのが、事業スケールや要望に合わせた可変性をもちながら、
集客から体験提供、購入、アフターフォローまで一気通貫で対応できる
環境構築だ。今回は、事業者が抱えるeコマースにまつわる課題に触れつつ、
博報堂プロダクツがEC市場の未来を見据えて提供を開始したカートシステム
「EC Cart+(イーシーカートプラス)」や、
EC事業者に向けたサポート体制について、関係する4名に話を聞いた。
https://eczine.jp/article/detail/13866?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・DNP、メタバース空間でブルボンの創立100周年のコミュニケーション施策を支援
(01-17)
https://eczine.jp/news/detail/14088?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・シノプス、物流改善に向けた小売業の在庫管理・発注業務DXの実証実験を
コープさっぽろで実施(01-17)
https://eczine.jp/news/detail/14092?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・SUBARUがKINTOと協業 2024年初夏より新車サブスク事業に参入(01-17)
https://eczine.jp/news/detail/14087?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・Shirofune、ECプラットフォームなどとのデータ連携機能「LTV運用 for EC」を
開始(01-16)
https://eczine.jp/news/detail/14091?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・大黒屋、数秒で値段を提示するAI写真査定技術開発 チャットで買取契約まで
完結する新サービスローンチへ(01-16)
https://eczine.jp/news/detail/14090?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・ヤマト運輸、2024年4月1日から宅急便の届出運賃・料金を約2%引き上げ
年度ごとに見直しへ(01-16)
https://eczine.jp/news/detail/14085?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・ベルシステム24とインツミットが協業 AIとヒトの
ハイブリッド型ソリューション開発で顧客対応を自動化(01-16)
https://eczine.jp/news/detail/14081?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・ファンケル、店舗にオンライン接客システム「LiveCall」を導入 育児中でも
在宅で働ける環境へ(01-15)
https://eczine.jp/news/detail/14086?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・アサヒビール、スーパードライ初の体験型コンセプトショップを銀座に
4月下旬オープン 若年層の飲用喚起へ(01-15)
https://eczine.jp/news/detail/14084?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・ヤマト運輸、越境EC事業者向け海上小口輸送サービス開始 輸入通関・保税業務
をシステム化(01-15)
https://eczine.jp/news/detail/14080?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・ニトリ、クラウド製品マスタLazuli PDPを採用 AIを使った自動化で
商品掲載業務の生産性向上へ(01-15)
https://eczine.jp/news/detail/14078?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・ユーグレナ、サティス製薬・日本ビューテック・ナユタを完全子会社化
ODM事業の強化へ(01-12)
https://eczine.jp/news/detail/14079?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・GMOコマース、スタッフの接客用LINEの活用を支援する「GMOスタッフコネクト」
提供開始(01-12)
https://eczine.jp/news/detail/14075?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・「Makuake」がEC事業者向け物流支援サービス「ウルロジ」と連携 実行者支援
を強化(01-12)
https://eczine.jp/news/detail/14073?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・Yahoo!フリマ、販売価格5,000円以下の商品の販売手数料を1月16日から3月31日
まで無料に(01-12)
https://eczine.jp/news/detail/14074?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・キユーピー、オーストラリアに販売会社を新設へ 寿司メニューの浸透や
SNSでの拡散により認知が拡大(01-11)
https://eczine.jp/news/detail/14077?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・米国ホリデーシーズンのEC売上は過去最高の2,221億ドル 3割は検索連動型広告
が牽引/アドビ調査(01-11)
https://eczine.jp/news/detail/14072?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・hince、渋谷スクランブルスクエアでブランド5周年記念のポップアップストア
開催 記念アイテム発売も(01-11)
https://eczine.jp/news/detail/14070?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・JR東日本スマートロジスティクスとアインファーマシーズ、多機能ロッカーで
薬の受け取りサービス実験へ(01-11)
https://eczine.jp/news/detail/14068?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

・Woltがすかいらーくグループと業務提携 アプリ・宅配サイトを介した
デリバリーサービスのエリア拡大へ(01-11)
https://eczine.jp/news/detail/14063?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 人気ランキング(1/10~1/16)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 日本の産業に“応援する”文化を生んだMakuake 売り手と買い手の距離感
を変える次の10年
https://eczine.jp/article/detail/14004?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●2位 アリババを抜いた拼多多が運営する越境EC「Temu」の正体 激安の理由は
厳しい価格競争とエンタメ性
https://eczine.jp/article/detail/13955?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●3位 販売員の未来を示唆する制度に ユナイテッドアローズが
「DXセールスマスター」認定に込めた想いを語る
https://eczine.jp/article/detail/13974?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●4位 ワンチームでEC事業者をフルサポート 多様化するニーズに対応する
「EC Cart+」の可能性
https://eczine.jp/article/detail/13866?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●5位 売るための場作りだけがアプリの役割ではない 密な交流や特別感の演出、
OMO推進の成功事例を紹介
https://eczine.jp/article/detail/14010?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

<ニュース>

●1位 ヤマト運輸、越境EC事業者向け海上小口輸送サービス開始 輸入通関・
保税業務をシステム化
https://eczine.jp/news/detail/14080?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●2位 アサヒビール、スーパードライ初の体験型コンセプトショップを銀座に
4月下旬オープン 若年層の飲用喚起へ
https://eczine.jp/news/detail/14084?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●3位 ニトリ、クラウド製品マスタLazuli PDPを採用 AIを使った自動化で
商品掲載業務の生産性向上へ
https://eczine.jp/news/detail/14078?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●4位 コカ・コーラ ボトラーズジャパン、アクセンチュアとの合弁会社
「ネオアーク」を設立
https://eczine.jp/news/detail/14064?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

●5位 ユーグレナ、サティス製薬・日本ビューテック・ナユタを完全子会社化
ODM事業の強化へ
https://eczine.jp/news/detail/14079?utm_source=eczine_regular_20240117&utm_medium=email

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=32099&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

AD

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング