記事種別

「ZOZOTOWN」TOPページに見る、スマホECサイトユーザビリティの極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

各社「正解」を模索中のスマホECサイト。先駆者のサイトを例に、スマホECのユーザビリティを追究します。

ECサイトのユーザビリティを斬る! 今回は「ZOZOTOWN」

 今回から、実際のスマホECサイトを例に、どのようなユーザビリティの工夫がされているかを紹介していきます。各サイトさまざまな事情があるとは思いますが、あくまで消費者の目線で「どこが使いやすく」、「どこが使いにくいか」というポイントから見ていきます。

 第1回目の今回は、「ZOZOTOWN」を取り上げます。TOPページから見ていきましょう。

ログインボタンの場所に注目

 ログインボタンだけ、上部のナビゲーションから離れて設置されています。パソコンサイトではログインボタンはフリーワード検索やお気に入りとともに黒い枠内にあるため、スマホECでのこの設置位置は意図的な工夫が考えられます。

 ログインボタンを重要視し、他のメニューと離すことで押し間違いを発生させないこと、また、見付けやすくすることを考慮されていると考えます。

適切なナビゲーションボタンのサイズとアイコン

 カートからサイトマップまでのナビゲーションのサイズは参考になります。爪を伸ばしている女性も、指の太い男性もスマホサイトを利用する中で、ボタンを大きくし過ぎると面積を使ってしまいますし、小さすぎると押し間違いを起こしてしまいます。ボタンサイズがこれくらいが適切でしょう。

 上部のナビゲーションはアイコン化するとよいのですが、デザイナーがこだわった絵をアイコン化するのではなく、誰もがイメージの付きやすいデザイニングにするべきです。その点ZOZOTOWNでは、絵柄のデザインが分かりやすいだけではなく、アイコンの下に「カート」や「お気に入り」、「閲覧履歴」等と言葉でも表しているので見本になりますね。

 ECサイトとして、ZOZOTOWNだけを使っている消費者はほんの一部でしょう。楽天市場スマホサイトも使えば、ニッセンスマホサイトも利用しているかもしれません。

 楽天市場のお気に入りのマークは星型(★)ですが、ZOZOTOWNをはじめベルメゾン、スクロール、ディノスではハート型です。そのマークが何を意味しているのか、どの消費者にも分かることが非常に重要です。そういう意味でアイコン+テキストによる説明書きをするのがよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 新規事業部部長 中村 潤平(ナカムラ ジュンペイ)

    法政大卒業後、2005年株式会社インデックス入社。3キャリア公式モバイルサイト企画・運営、モバイルソリューション提案などのモバイル事業に関わった後、2009年株式会社モバイルコマース入社。スマートフォンサイトのコンサルティング業務、スマートフォンサイト公式化、スマートフォン変換ツール営業・企画など、スマートフォンを中心としたモバイル事業の営業・企画・コンサルティングに従事。最近はスマホを使って売上UPすることを目的としたスマホ...

バックナンバー

連載:スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

この記事もオススメ

2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5