記事種別

【ECデータ分析】楽天のチョコ市場規模は月約12億!速報:2017年のバレンタインデー商戦を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/02/28 08:00

 バレンタインデー商戦はEC市場でも大きな盛り上がりを見せ、店舗にとっては大きな稼ぎ頭となっている。2月16日付の日本経済新聞電子版によると、JR東海高島屋(名古屋市)におけるバレンタインデー催事(2017年1月20日〜2月14日)の売上高が過去最高になったと発表されており、話題となった。今回は、2017年のバレンタインデー商戦の動向をECデータサービス「Nint」を用いて分析する。

この記事はアドウェイズ・ADWAYS TECHNOLOGY LIMITEDが提供するECデータ推計サービス 「Nint(ニント)」に基づき作成されています。記事中の数値はすべて「Nint(ニント)」 が独自のビッグデータ技術を用いて算出した推計値となり、紙面の特性上詳細なデータは省略しています。

楽天市場のスイーツ・お菓子カテゴリーにおける「チョコレート」の立ち位置とは

 このグラフは、2016年4月から2017年2月15日までの楽天市場における「スイーツ・お菓子」カテゴリーの販売動向を表したものである。

 12月のクリスマスシーズンに販売量が増加する「ケーキ」や「クッキー・焼き菓子」に比べて、チョコレートの販売量がそのマーケット規模を物語っている。

クリックすると拡大します(以下同)

 「スイーツ・お菓子」カテゴリに占める「チョコレート」の販売額は、通常期(4月~12月)では5~15%程度で推移しているが、1月になると約50%まで拡大している。

 楽天市場におけるチョコレート商材の市場規模は、昨年2月に月間12億円程度まで拡大しており、今年もその動きが注目される(2月の月間販売額は3月中旬に判明する予定)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:あの商戦をチェック!ECデータ分析

この記事もオススメ

2015年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5