記事種別

店舗では60秒でピックアップ可能!英アルゴスが進める「デジタルストア」と「ファストトラックサービス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 元キタムラの逸見さんによる、ロンドンオムニチャネル視察レポートをお届けします。第3回は、アルゴスについてです。カタログ通販から始まり、現在は店舗のデジタルストア化を進めている同社の事例を紹介。アルゴスがセインズベリーズに買収された点を踏まえ、ネット企業と店舗主体企業の今後の関係性も考察します。

カタログ通販からデジタルコマースの最先端へ

 前回に引き続き、ロンドンオムニチャネル視察のレポートをお届けする。今回の視察における注目企業の一つが、カタログ通販企業であるアルゴスだった。私が初めてその社名を聞いたのは、2007年のイオン在職時。当時はイオンネットスーパーの立ち上げを行っており、その先進事例として岡田社長から学ぶように言われたのが、アルゴスであった。

 「お客さまは、自宅でアルゴスのカタログを見て電話で注文するか、もしくは店頭でカタログを見て注文書を書き、カウンターに出...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • カタログ通販からデジタルコマースの最先端へ
  • アルゴスの概要――「デジタルストア化」を推進
  • アルゴスの事業改革 ――「ファストトラックサービス」とは?
  • 店舗受取率8割? 在庫の見える化がもつ意味
  • ネット・通販企業と、店舗主体企業の提携について




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:日本のオムニチャネルはどうなる?逸見さん、ロンドン視察レポート

この記事もオススメ

2015年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5