記事種別

新バージョンが出た!越境ECで注目の「Magento」ってなんやねん!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2015年に新バージョンが出たことなどを理由に、注目が集まるMagentoの開発について、6年の経験を持つ筆者が初歩の初歩から伝授します。

問い合わせ急増!EC構築オープンソース「Magento」とは

 「Magento(マジェント)」と呼ばれるオープンソース(OSL3.0)プロダクトをご存じだろうか。

 ECサイトを構築できるパッケージとして、ここ1年ほどで日本国内でも急速にシェアを伸ばしてきているプロダクトだ(正確な数字はわからないが、問い合わせの急増などでシェアを伸ばしていると実感中)。

 日本国内でEC構築に使用されるオープンソースプロダクトと言えば、真っ先に「EC-CUBE」の名前が挙がると思われるが、世界的な検索ボリュームからするとMagentoとEC-CUBEの差は歴前(下図参照)。ピークは過ぎた感はあるが、2015年に新バージョンであるMagento 2が出たことで、ふたたび上昇傾向にあるように感じている。

新版は「Googleトレンド」にて取得可能

 筆者がMagentoをはじめたのは、community editionの1.4が出るか出ないかと言っていたころなので、すでに6年以上前のことだ。

 この当時、日本におけるECパッケージといえばEC-CUBE一色。筆者に「ECやらんか?」と言ってきた方から、「EC-CUBEは飽きたから、世界レベル戦えるMagentoと言われるやつを日本でもやってみたいんだ」と言われてはじめたのがきっかけだ。

 最初にオープンソースと書いたが、MagentoにはオープンソースのCommunity Editionと呼ばれるものに加えて、有償版のEnterprise Editionなるパッケージも存在している。 キャッシュの機能がCommunity Editionとは別物で、大量のアクセスをさばくにはEnterprise Editionを選ばざるを得ないような状況ではあったが、当時に比べるとMagentoをホストするハードウェアの性能も向上し、Community Editionでもそれなりのアクセスをさばけるようになってきている。

 また、Magentoの場合、商品数や会員数の増加に対して、処理速度が落ちづらいという特徴があり、商品数が5,000を超えるようなサイトに関しては、他のオープンソースECパッケージを使うよりはMagentoをおすすめしているのが現状だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Magento開発・初歩の初歩

この記事もオススメ

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5