ネット通販情報満載の Webマガジン EC zine
フィードフォース澤井さんに、流行りのデータフィードとデータフィード広告について、EC事業者向けに解説していただきます。第1回は、データフィード注目の背景とその仕組みについて。

株式会社フィードフォース マーケティングチーム マネージャー 澤井和弘[著]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
印刷用を表示

公開日:2016/02/25 08:00

2016年注目!データフィードがトレンドな理由

 2015年からよく耳にするようになったキーワード「データフィード」や「データフィード広告」。みなさんも聞いたことがありませんか?

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。
  • 会員登録

この記事の内容

  • 2016年注目!データフィードがトレンドな理由
  • データフィード注目理由1:デバイスの小型化と多様化
  • データフィード注目理由2:購買行動の多様化
  • タッチポイントの増加に比例し、広告出稿の場も増える
  • データフィード&データフィード広告とは
  • データフィード広告の今後のトレンド

著者プロフィール

株式会社フィードフォース マーケティングチーム マネージャー 澤井和弘(サワイ カズヒロ)

2001年から2011年まで、求人メディア運営会社にて、営業・営業企画・Webマーケティングを担当。2012年に株式会社フィードフォースに入社。現在は、商品データ最適化サービス「DF PLUS」やオウンドメディアのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUS」...


ランキング