記事種別

Amazonでの越境ECは固定費安く続けられるのが強み モバイルバッテリーcheeroさんの挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

まだ成功法則が見えない「越境EC」は、EC事業者とそれを支援する事業者の二人三脚が必要です。先進企業の事例に村山らむねさんが迫ります。今回は、ダンボーのモバイルバッテリーで有名なcheeroさんが、Amazonをプラットフォームとして海外販売を始めたお話をうかがいます。

まずは日本国内で、Amazonをフル活用して売上を伸ばす

村山らむね cheeroさんは、日本での販売でもAmazonをメインの販売場に設定されていますよね。まずは、国内の販売で成功した理由を、流れを振り返りながら教えていただけますか?

東(cheero) モバイルバッテリーを作ったのは、スマホのGPSをよく利用することから電池切れが頻繁にあり、手頃な価格...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • まずは日本国内で、Amazonをフル活用して売上を伸ばす
  • 現地法人は必要か cheeroの取り組みとAmazonの現サービス
  • カスタマーサポートなど、日本のマジメさは越境ECでも強み
  • 米国市場での販売立ち上げのプロセス・期間・費用例(cheeroさんの場合)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:村山らむねが聞く「越境EC、成功する二人三脚」

もっと読む

この記事もオススメ

2015年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5