記事種別

EC業界どうなる? 2015年注目の5つのキーワードと、5年先までに起きる3つの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

JECCICA代表理事の川連さんがECに関するその月のトピックスをお届けします。第5回は、2015年のEC業界を占う、5つのキーワードを取り上げます。

2015年eコマースどうなる 5つのキーワード

 新年明けましておめでとうございます。今年も無事に、コタツでみかんを食べながら、ネコとじゃれて新しい年を迎えることができました。

 さて、2014年はeコマース業界にもさまざまな出来事が起きました。無料モデルの続出、大資本企業eコマースへの本格参入、オムニチャネルと言うキーワードに踊り、越境ECが爆発的に伸び、スマホeコマースはもはや当たり前となりました。

 2015年はこの流れがさらに加速すると予想できます。もうすでに始まっているリアルとネットの融合がもっと進み、融合から統合へ、さらに次のイノベーション段階へと進んでいくでしょう。

 以前、eBayが「eコマースのeを取ってコマースになる」と発言していましたが、単なるコマースではなくリアルもネットも取り込まれて、次の大きなコマースの渦に入っていきます。リアルにeコマースが取り込まれるのでもなく、eコマースにリアルが取り込まれるのでもない、新たなコマース時代になるでしょう。

 日本ではオムニチャネルと言うキーワードが旬になっていますが、流通経路だけではないオムニチャネルの次の渦が確実に来ていると予想できます。

 先ほど上げました5つがどうなるか、私の予想を上げておきます。

  1. 無料モデル
  2. 大企業の本格参入
  3. オムニチャネル
  4. 越境EC
  5. スマホeコマース

1.無料モデルは継続できるか

 ここ2,3年で出てきた無料モデルは、そろそろ最初の資本、第2次ファイナンスで得た資本が途切れる頃です。新たな道を考えるか、マネタイズ化を行う必要が出てくるはずです。

 また、新しい無料モデルとの戦いも激しくなるでしょう。この時に、自分の保身を考えるか、使用しているユーザーのことを考えるか、株主のことを考えるのかによって、道は変わってきます。

 うまくマネタイズ化ができれば問題ありませんが、スポンサーが見つからなければ経営自体が厳しくなるでしょう。事業戦略上シナジー効果のあるスポンサーを見つけて、きれいにサービスを継続していくことが重要です。ユーザーが路頭に迷うことは許されません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:川連一豊のつれづれEC日記

もっと読む

この記事もオススメ

2014年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5