記事種別

楽天vsAmazonではなく、vs米国企業だった!? ウェブサイト分析から見る現状の勝敗は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

JECCICA代表理事の川連さんがECに関するその月のトピックスをお届けします。今回は、最近川連さんがよく聞かれるという「楽天とAmazonてどうなの?」という質問に、ウェブサイト分析の視点から答えてもらいました。

楽天とAmazon、Webツールで特徴を比較してみた

 ちょっと寒くなるだけで、おでんと日本酒が恋しくなるJECCICAの川連一豊です。

 楽天やヤフーの決算発表が行われたのですが、違和感を感じた店長さんが多く、最近の質問の多くは「楽天って最近どうなんですか?」「Amazonはどうですか?」です。

 その答えはこのコラムの最後にして、楽天とAmazonを比較できる良いツールがあります。今日は2つご紹介します。

 ひとつめは、「Similerweb」です。無料版と有料版がありますが、無料版でも十分いろいろチェックできます。私はGoogle Chromeのプラグインとして利用しています。もちろん内部の情報を見ているわけではないので、正確ではありません。あくまで、Similerweb内でのデータ比較になります。

 実際に、Similerwebで楽天とAmazonを比べてみましょう。

サイトのランク(左が楽天、右がAmazon)

 日本国内のサイトランキングを見ると、楽天(左)は10番目、Amazon.co.jp(右)は7番目です。1年ほど前は、ほとんど同じか楽天が上だったのですが、2015年の5月ぐらいからAmazonが逆転してきています。

 Engagement(エンゲージメント)のデータを見ると、サイトの滞在時間が10分10秒、ページビューは約11ページ、BounceRate(離脱率)は33.78%です。滞在時間も長く、ページビュー数も2桁であることから、楽天内で商品を探している傾向が見えます。

 一方のAmazonは、サイト滞在時間は8分、ページビューも9ページ、離脱率は27%となっています。離脱率が低いのは、Amazonで購入する意識が高いユーザーが来訪しているからだと判断できます。

国・地域

 楽天(左)の決算発表では、グローバルEC(CBTクロスボーダートレード)の流通が伸びているとのことでした。SimilerWebでみると日本が94%、アメリカ、中国大陸がそれぞれ1%、ついで台湾、香港となっています。まだまだ日本が強いんだなと考えられます。

 Amazon.co.jp(右)の集客地域は、日本が91%、中国大陸が多く3.7%、アメリカが1%、続いて台湾、韓国の順です。日本が強いのはもちろんですが、中国大陸からの流入も相当高いと見たほうがいいかと思います。

トラフィック

 楽天(左)トラフィックのソース(アクセスの元)を見ると、ダイレクトが36%、リンクが27%、 サーチで訪問が30%、ソーシャルが1.54%、メールが4%、ディスプレイ広告が0.39%となっています。メールでの集客が全体の4%ですので、以前とはだいぶ変わってきた感じを受けます。ソーシャルはやっている割には、集客にあまり寄与していないようです。

 Amazon.co.jpは、楽天と似ていますが、ダイレクトが40%を超えています。リンクが25%、サーチが28%、メール・ソーシャルはともに2%です。やはり、Amazonが好きなユーザーは、Amazonで購入すると読み解けます。

リファラーと離脱先

 続いて、リファラーサイト(直前のサイト)と離脱先サイトです。楽天(左)のリファラーページは、やはり楽天グループからのアクセスが多く、価格.comからの集客が2番目になっています。離脱先サイトは、楽天グループへの離脱のほか、Facebookへも流れています

 Amazon.co.jpは、価格.comが1位ですね。Amazon関係からのリファラーが少ないです。離脱先はAmazonの管理画面になっています。

キーワード

 自然検索されたキーワードと、広告として買っているキーワードからの流入です。楽天(左)は、楽天系のキーワードが多くなっています。

 Amazon.co.jp(右)は、Amazon系が多いですね。広告キーワードも、文字のゆらぎ対策が入っているのがおもしろいところです。

ソーシャルメディア

 楽天(左)へのソーシャルからの流入は、Facebookが36%、Twitterが25%、YouTubeが14%です。昔から楽天は2chで話題になっていますので、約6%は妥当かなと思います。アメーバも3%あるのが特徴です。

 Amazon.co.jp(右)では、Twitterが39%、Facebookが36%と、楽天の1・2位が入れ替わった形です。YouTubeほか、Pixiv、Redditが入っているのがおもしろいですね。

リタゲ

 リターゲティング広告からの流入は、楽天(左)はGoogleDisplayとクリテオ、Amazon.co.jpは、AmazonのAdsystemが1位、GoogleDisplayが2位で、ほぼこの2つに絞られているようです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:川連一豊のつれづれEC日記

もっと読む

2016年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5