記事種別

スマホ売上231%も! 運用検証が証明する、レスポンシブECが現状最高の構成なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

モバイル化、マルチスクリーン化時代を攻略する「レスポンシブECサイト」とは? 第8回はレスポンシブECサイト運用検証のまとめです。

レスポンシブECサイト、スマホで売上前年比231%も!

 前回まで、実際にレスポンシブを導入したECサイトをケースに、レスポンシブECサイトの効果や導入方法などを見てきました。

 大手水着通販サイト「三愛オンラインショップ」は、aishipRで本店ECサイトをレスポンシブ化。全デバイスに完全対応しています。

三愛水着レスポンシブECサイト
http://www.netshop.san-ai.com/

 三愛様は「三愛水着楽園」のショップ名通り水着がメイン商材です。レスポンシブ化後、初めて迎えた繁忙期の7月は、前年同月比売上で2倍以上を記録しました。

繁忙期の7月の売上比較

 全てのデバイスにおいて売上額が前年同月を大きく上回り、特にスマートフォンでは231%を記録しています。

 その他、着目すべきポイントとしては、以下があげられます。

  • 月間インデックス数も前年同月比213%で自然検索流入が大幅増
  • 7月のモバイルアクセスは全体の80%となり、インターネット利用端末のPCからモバイルへ移る「モバイルシフト」がさらに加速
  • 無駄なページ遷移がなく、満足度の高いサイト構成

 下記記事にて、上記ポイントの要因や具体的な検証を行っていますので、ぜひご参照ください。

●レスポンシブ化後売上前年比2倍に!データから銀座三愛「三愛水着楽園」売上増の要因を検証

いち早いレスポンシブ化がユーザーの信頼を勝ち取る

 このように、レスポンシブECサイトはモバイルファースト時代のECサイト運用として多くの効果を発揮しています。運用効率の向上や、CVR(転換率)改善、自然検索数の増加など、これまでECサイト運営者ができなかったことを実現できるのです。

 ECサイトのレスポンシブ化はまだ始まったばかり。コンテンツをどこまで共通化するのか、どのような商品レイアウトがユーザーを満足させるのかなど課題はあります。CSS3やJavaScriptの使いかたにも、まだまだ改善の余地があります。

 しかし、いち早くECサイトのレスポンシブ化に着手し、2015年に向けてその運用ノウハウを身につけたECサイトは、マルチスクリーン向けの高度なユーザーエクスペリエンスを提供することにおいては、一歩先んじることができるでしょう。

 結果的に、モバイル化/マルチスクリーン化時代のECサイト利用者から、厚い信頼を勝ち取ることになります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:レスポンシブECサイトのススメ

もっと読む

2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5