記事種別

ワイヤーフレーム作成から実機確認まで レスポンシブECサイト構築ディレクションの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル化、マルチスクリーン化時代を攻略する「レスポンシブECサイト」とは? 第10回は、レスポンシブECサイト導入をする際の構築・ディレクションワークフローの「後編」をお届けします。

 前回までは、レスポンシブなサイト構築のワークフローの基本的な考えかたについてお伝えしました。今回は、具体的なディレクションの作業について解説していきたいと思います。

ワイヤーフレーム作成のコツと3つの注意点

 まずはワイヤーフレームを作成します。クライアントとワイヤーフレームの確認作業には、CacooやPowerPoint、エ...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • ワイヤーフレーム作成のコツと3つの注意点
  • モバイルファーストで考える
  • ASPの範囲内で実現できる構成か
  • 各デバイスに展開した際の整合性
  • デザインはファーストビューでテイストを詰める
  • コーディング→実機確認したい2つのポイント
  • まとめ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:レスポンシブECサイトのススメ

もっと読む

この記事もオススメ

2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5