記事種別

直帰率が高いのは、新規・リピートどっちもか?
「Tableau(タブロー)」でクロス集計・フィルタリングする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

リスティング広告から在庫管理まで、EC担当者のデータ分析効率を上げるBIツール 「Tableau(タブロー)」を活用して高速PDCAを回しましょう。今回は、前回作ったダッシュボードに手を加え、クロス集計・フィルタリングをしていきます。

Tableauでラベルを付与する

 前回(第2回)のコラムでは、PDCAを高速で回すためのダッシュボードの要件、および、ダッシュボードの作成のため、元データに存在する指標から「計算フィールド」を使って新しい指標を作成する方法を解説しました。今回は、続きとして、ダッシュボード作成上のテクニックを紹介します。

 前回は、以下のように「週別の訪問数」について折れ線グラフでビジュアライズしたところで終わっていました。

  週別訪問数のビジュアライズ(3-1図)
クリックすると拡大します

 時系列的な遷移は直感的に理解できますが、訪問数実数がわかりません。そこで、「ラベル」に訪問数を追加したのが以下です。ずいぶん分かりやすくなりました。

  折れ線グラフにラベルを追加(3-2図)

Tableauでグラフを分割する

 次に、サイトへの訪問数の推移の変化がどのデバイスから発生しているのかを確認できるように、訪問数を「デバイス」別に分けてビジュアライズしてみましょう。実際の操作としては、ディメンション項目の「デバイス」を、「マーク」の「色」にドラッグ&ドロップします。以下の動画を参照してください。

訪問数のデバイス別分割操作(3-1動画)
https://www.youtube.com/watch?v=JT6W86VIqfA

 さらに、同じ画面に訪問数をビジタータイプ(新規訪問とリピート訪問)軸で分割したグラフを表示してみましょう。ステップは以下の通りですが、動画をご覧いただいたほうが直感的な理解が得やすいかもしれません。

【ビジタータイプ別に分割した訪問数グラフの追加ステップ】

  1. データフィールドから「訪問数」ピルを行シェルフにドラッグ&ドロップ
  2. データフィールドから「ビジタータイプ」ピルを、マークの「色」にドラッグ&ドロップ
  3. 色を編集
ビジタータイプ別に分割された訪問数グラフの追加操作(3-2動画)
https://www.youtube.com/watch?v=uCfritVqLec

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:Tableauを活用したEC高速PDCA術

2017年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5