記事種別

海外で売る!をあきらめない 越境ECを阻む4つの壁を打ち砕く最新・便利サービスを紹介

第1回 越境EC基礎編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ニューヨーク発のオンラインショップ構築サービス「Goodsie」のマーチン・ロバーツさんが、ショップオーナーや国内/海外のパートナー企業から得た、越境ECのための情報を発信していきます。

海外に売るって難しい? 越境ECを阻む4つの壁

 Goodsieをご利用いただいているショップオーナーさんとお話しすると、「海外に商品を販売したい」という方が想像以上に多いことに驚きます。日本は、国内向けECは成熟している反面、海外向けの越境ECについてはまだまだ「後進国」なのではないでしょうか?

 日本国内でのEC化率は今後増加傾向にあり、どんどん競争環境が厳しくなることが予想されます。国内での競争環境から抜け出して、海外向けECで新たなビジネスチャンスをつかむために準備しておくべきことについて解説したいと思いますので、ぜひともヒントにしてみてください。

 海外向けECへの参入の障壁となっている4つのハードルを整理してみましょう。 「サイト構築システム」「言語」「物流」「決済」がこれにあたるのではないでしょうか。

壁その1「サイト構築システム」のハードルを超える

 海外向けのオンラインショップを制作/運用するためには、単にサイトを他言語化するだけではいけません。海外向けECのためのさまざまな機能やインフラが必要となってきます。

 海外への販売はショップオーナーさんにとっても「チャレンジ」となりますので、リスクを回避するという意味でも、低コストで利用できるASPサービスの利用をオススメします。

 対海外で必要なASPサービスの機能としては、

  • 英語版テンプレート
  • グローバルな決済に対応したカート
  • 海外向け物流事業者との連携
  • 表示通貨や販売対象国の設定
  • タイムゾーンの設定

などが挙げられます。

 日本でもカラーミーの「JUGEM CART」「Live Commerce」などが海外向けサービスに対応しています。

 私どものGoodsieもグローバルな思想で設計されていますので、海外向けECでご利用いただくことができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:越境EC成功ノウハウ

この記事もオススメ

2016年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5