記事種別

押し売りせず、自然にリピートへと誘導する絶妙な設計 やずやのスマホECサイトをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

各社「正解」を模索中のスマホECサイト。先駆者のサイトを例に、スマホECのユーザビリティを追究します。今回はやずやさんを取り上げます。

「コースを変更する」ボタンで自然な定期購入への誘導

 やずやのスマートフォンECサイトは、定期購入のしやすさが秀逸です。

 サイトの随所に「コースを変更する」ボタンがあり、自然な導線で定期購入を促している点が参考になります。「コースを変更する」ボタンは、運営側の売り込みにならないように適切なタイミングで表示し、お客様のメリットを伝えていることから、自然で嫌味のない導線に感じます。

 たとえば、定期購入ではない「1回だけのお届け」を指定しカートへ入れると、「定期便に変更すると10~20%お得!」という告知とともに「コースを変更する」ボタンが商品表示欄の直下に表示されます。カートに商品を入れているということはその商品に興味があるわけですから、不自然な誘導にはならないでしょう。

クリックすると図を拡大します

 その誘導に従って、カート画面から定期購入へ変更してみます。すると今度は、告知の文面が「3ヵ月に一回お届けコースが便利」と変わり、次のグレードの定期メニューを案内します。一番よい商品(高い)ではなく、ユーザーの商品への関心を保てるようにあくまでも案内する商品は「次のグレード」の商品(定期購入期間)です。この点はお客様の気持ちをよく考えている表現・仕様であると考えます。

 単品通販であり、定期購入との相性がよい健康食品サイトであるので、すべてのショッピングサイト(アパレル、家電などすべて)に該当するわけではありませんが、無理強いしないレコメンドという視点では参考になる点もあるのではないでしょうか。

 ちなみにやずやのサイトでは、一番いいグレードの定期購入を指定しているとコース変更ボタンはあるものの、「10~20%お得!」の文言があったところには何も書かれておらず、できれば今指定している一番いいグレードでの購入をして欲しいサイト運営者側の考えが見て取れます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 新規事業部部長 中村 潤平(ナカムラ ジュンペイ)

    法政大卒業後、2005年株式会社インデックス入社。3キャリア公式モバイルサイト企画・運営、モバイルソリューション提案などのモバイル事業に関わった後、2009年株式会社モバイルコマース入社。スマートフォンサイトのコンサルティング業務、スマートフォンサイト公式化、スマートフォン変換ツール営業・企画など、スマートフォンを中心としたモバイル事業の営業・企画・コンサルティングに従事。最近はスマホを使って売上UPすることを目的としたスマホ...

バックナンバー

連載:スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

この記事もオススメ

2013年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5