記事種別

「売れた」広告がひと目でわかる! 楽天市場内の広告効果測定ツール「アドロボ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/07/04 11:00

感覚での「広告を出せば売れる」から、「どの広告がなぜ成功したのか」を知り、改善を重ねていくネットショップ運営に変わりましょう! RMSGoldパートナーであるハングリードがリリースした、楽天市場内の広告効果測定ツール『アドロボ』についてインタビューしました。

楽天ショップが待ちに待った!広告効果測定ツール「アドロボ」

 楽天市場での売上を大きく左右する、楽天市場内の広告。リスティング広告等で知られるように、ネット広告は効果を計測できるのが最大の特徴だが、楽天内広告については、効果測定が徹底できているショップはそれほど多くないという。

 「楽天市場の広告をうまく活用すれば売上が上がる、という流れができていました。そのため、効果測定をしてこなかったというショップが少なくありません。また、RMSという楽天市場の管理画面でトラッキングデータを見ることはできますが、視覚化されておらず、忙しい店長さんたちには扱うのが難しかった。そこで開発したのが、楽天市場の広告を効果測定する『アドロボ』です」

アドロボ
http://www.ad-robot.co/

 アドロボの仕組みは非常にシンプルだ。広告のクリエイティブを登録し、期間を決め、URLを設定するだけ。3分以内にアカウント発行が完了し、それぞれの広告からいくら売り上げたのかがビジュアルでわかりやすく表示される。

 「多くのショップは、純広告、キーワード広告、メール広告を活用しています。特に純広告、キーワード広告が利用されているため、『アドロボ』では、純広告、キーワード広告の測定に絞りました」

店長の「これができたらいいな」を絞り込んだ機能設定

 アドロボ以外にも、商品、在庫、受注管理などのサービスを作ってきたハングリードでは、楽天ショップ店長のニーズを十二分に把握している。

 「多いところでは、月に数百という広告を出稿するところもあります。1つひとつ管理画面で登録するのは、かなりの負担です。そこで、CSVでアップロードできる機能を付けました。また、効果検証のレポートもCSVで出し、Excelで加工して社内で共有しやすくしています」

ハングリード 吉武修平さん
ハングリード株式会社 代表取締役 吉武修平さん

 ほかにも、広告を出稿した商品の中で売れている順にランキング表示できたり、スマートフォンやタブレットでも見ることができるなど、店長にとってありがたい機能・特徴を絞り込んで搭載している。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

    2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

  • 大森 大祐(オオモリ ダイスケ)

    フリーランスフォトグラファー。 日大芸術学部写真学科卒業。 雑誌「パーゴルフ」カメラマンからフリーランス。 ファッション、タレント、ホテル、ブライダル、ゴルフ、ライブ、商品撮影など。■個展 ・Missing Santa~行方不明のサンタ~(青山同潤会アパート) ・「あの日あなたが生まれた」...

バックナンバー

連載:編集部インタビュー

もっと読む

この記事もオススメ

2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5