記事種別

食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/06/06 08:00

第6回「エビス大賞」を受賞したのは、マシュマロに文字を印字して電報として贈るという独自のサービスを展開する「マシュマロ電報」。カニしゃぶやバケツプリンも生み出した、アイデアウーマンの店長、金成飛佳さんにお話をうかがった。

異業種と掛けあわせで新しい価値を マシュマロ電報誕生まで

――立ち上げは2012年7月で、もうすぐ2年ですね。おもしろいサービスですが、思いついたきっかけは?

マシュマロ電報
http://www.mash-denpo.com/

 「もともと、『日本ロイヤルガストロ倶楽部』というECサイトで、フルーツやお菓子の産直をメインにやっていました。そこから新規事業として作ったのが『マシュマロ電報』です。食品に食用インクを使って印刷できる、フードプリンタという機械が数年前から出てきていて、それを使った動物の形のお菓子なんかが好評だったんですね。だから、食品に印刷する技術を使って、新しい商品が作れないないかなと思い、企画しました。

 ある時、丸くて表面が平たいマシュマロがあったので、試しに印刷してみると、本当にプリンターで印刷したようにきれいにできたんです。それでかわいい絵柄を作ってみたり、いろんな試作をしてみたんですけれども、今かわいいものはたくさんあるので、かわいいだけでは難しいかなと。

株式会社アイオンライン
取締役
金成飛佳さん

 それなら、名入れ商品がすごく人気だから文字を印刷してみよう。それでもまだお客様は少ないだろうから、もっと新しい驚きになるようなものはないかなと考えました。それで、掛け合わせというか、違う業種のところに販売してみてはどうだろうと。

 食べ物として売るというよりは、それ以外の業種に売ることで、食べ物であることが付加価値になる。その組み合わせによって、新しい面白さを出そうと考えたんですね。文字として使えるものをいろいろ挙げてみたところ、電報には食品を使ったものが今のところないので、新しい組み合わせになるんじゃないかと思い、『マシュマロ電報』ができました」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:列島縦断!店長インタビュー

もっと読む

2015年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5