記事種別

はじめてのスマホECサイト[3] 離脱を減らす、入力フォーム14のルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

急ぎたいECサイトのスマホ対応。初心者向けに手法と選びかたをお届けします。

スマホECサイトの離脱を減らす、入力フォーム14のルール

 ECサイトの売上をあげる重要なポイントとして、「離脱を徹底的に減らすこと」があります。離脱を減らすには、まず離脱ページが多いページを把握することから始めます。

 ECサイトでもっとも離脱が多いページ、それは「入力フォーム」です。せっかくある商品が気に入ったのに、購入フローや会員登録フローが操作しにくいせいで離脱してしまうのは残念です。

 今回は、この入力フォームを改善し、売上UPに繋げるためにスマホECサイトの入力フォームのユーザビリティをどうするべきか。14のルールをお届けします。

ルール1:入力項目は徹底的に少なくする

 入力フォームの項目数が多いと、途中で入力を辞めたり、モチベーションが下がるなどして、離脱するユーザーが増えてしまいます。

 お客様の情報をできるだけ多く取得したい運営側の気持ちはわからないでもありませんが、入力必須する項目は「必要最低限の情報」にしてください。ECサイトでいえば、配送に必要な情報のみを取得することです。

 アンケート等、どうしても取得したい情報は任意とし、未入力でも購入ができるように指定しましょう。

ルール2:利用規約の同意確認はボタン内に記載する

 確認ページへ進む際、利用規約の同意を確認する「チェックボックス」がありますが、このような手間を1つ加えると、その分離脱率が上がります。

 解決策としては、「利用規約に同意して申し込む」等とボタン内に同意を確認するテキストを埋め込むことをオススメします。これにより「チェックの入れ忘れによるエラー」を防ぎ、手間も減らすことができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 新規事業部部長 中村 潤平(ナカムラ ジュンペイ)

    法政大卒業後、2005年株式会社インデックス入社。3キャリア公式モバイルサイト企画・運営、モバイルソリューション提案などのモバイル事業に関わった後、2009年株式会社モバイルコマース入社。スマートフォンサイトのコンサルティング業務、スマートフォンサイト公式化、スマートフォン変換ツール営業・企画など、スマートフォンを中心としたモバイル事業の営業・企画・コンサルティングに従事。最近はスマホを使って売上UPすることを目的としたスマホ...

バックナンバー

連載:はじめてのスマホECサイトの作りかた

この記事もオススメ

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5