記事種別

はじめてのスマホECサイト[1] 新規構築or自動変換、メリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

急ぎたいECサイトのスマホ対応。初心者向けに手法と選びかたをお届けします。

 皆さん、はじめまして。モバイルコマースの中村と申します。

 今回から3回に渡って、ECサイトのスマホ対応やユーザビリティなどについて、皆さんと一緒に勉強をしていきたいと思います。

 第1回目は、「はじめてスマホECサイトを作る人」に向けて、スマホ対応の手法と選びかたについてお届けしたいと思います。

スマホ対応が必要な背景

 2015年には、スマートフォン端末の契約数が6,000万台を超えると予測されています。

 そうした状況にもかかわらず、トランスコスモス社の2013年7月の調査によれば、調査対象の2,000社のうち、574社(28.7%)がスマホに対応しています。調査対象の企業の業態にもよるところですが、私は率直にスマホ対応をしている企業が少ないと感じました。

 スマホ対応していないサイトへスマホ端末でアクセスすると、パソコンサイトが表示されます。すると、文字が判読できなかったり、拡大が必要だったり、購入導線が使いづらいなど、お客様が離脱してしまう原因が多数あります。

 今からでも遅くありません。本コラムを読み、スマホ対応に着手していただければと思います。

スマホサイトを作る具体的な方法

 まず、スマホサイトを作るには大きく分けて2種類あります。

  1. スマホサイトをゼロから新規開発する
  2. パソコンサイトをスマホ向けに自動変換させる

 次ページから、それぞれ具体的に見ていきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社モバイルコマース 新規事業部部長 中村 潤平(ナカムラ ジュンペイ)

    法政大卒業後、2005年株式会社インデックス入社。3キャリア公式モバイルサイト企画・運営、モバイルソリューション提案などのモバイル事業に関わった後、2009年株式会社モバイルコマース入社。スマートフォンサイトのコンサルティング業務、スマートフォンサイト公式化、スマートフォン変換ツール営業・企画など、スマートフォンを中心としたモバイル事業の営業・企画・コンサルティングに従事。最近はスマホを使って売上UPすることを目的としたスマホ...

バックナンバー

連載:はじめてのスマホECサイトの作りかた

2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5