記事種別

購買意欲の高いお客様を迷いなく誘導する リスティング広告のキーワード、広告文、リンク先の决めかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ITにあまり強くないネットショップオーナーさん向けに、お店の成功パターンを作り出すためのリスティング広告ノウハウをお届けします。

 検索連動型広告では、

  • どのキーワードで検索されたときに広告を表示させるのか
  • 表示させる広告文はどのような内容にするのか
  • 広告をクリックした先のページ(リンク先)をどのページにするのか

を自分で選ぶことができます。

 今回は少額から始めるということで、顕在層に確実にアプローチできる検索連動型広告でのキーワード・広告文・リンク先の作成・選定の方法を紹介します。

1.キーワード作成:見込み客が検索しそうなキーワードを探す

 前回も取り上げましたが、検索連動型広告はすでに購入意欲のある人にアプローチすることを目的としています。そのため、購入意欲の高い人がどのようなキーワードで商品を検索するのかを知っておく必要があります。

 ネットショップにおいて少額で始めるということを考えると、一般的に「主要なキーワード」と「補完的なキーワード」の組み合わせをキーワードとして選択するのがよいでしょう。

 カルティエのラブリングを例に、よく使用されるキーワード例を書き出してみます。

主要キーワード

  • 商品名:カルティエラブリング
  • 商品カテゴリ名:「ネックレス」「リング」等(アクセサリーを取扱っている場合)
  • メーカー・ブランド名:カルティエ

補完的なキーワード

  • [購入]:通販、販売、ショップ、ネットショップ、専門店
  • [属性]:メンズ、レディース、子供、男、男性、男の子、キッズ、紳士
  • [用途]:業務用、お歳暮、ギフト、プレゼント、お試し
  • [機能]:A1サイズ、3L、大きい、簡単、100、防臭
  • [季節]:春、夏モノ、秋の、冬用、暖かい、厚手、汗
  • [素材]:革製、コットン、綿、シルク、アルミ、シルバー

 補完的なキーワードでは、商品の特徴となる[購入][属性][用途][機能][季節][素材]といった視点ごと、関連する単語をどんどん書き出していきます。そこで出た単語を主要キーワードと組み合わせることで、数百個のキーワードを作成できます。

 キーワードが作成できたら、次は広告文を作成します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:ネットショップを成功に導くリスティング広告の使いかた

この記事もオススメ

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5