記事種別

10分完売のチョコレートビールをきっかけにネットショップに力を マニア向けから一般の人にもわかりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/03/18 08:00

チョコレート風味のビール「インペリアルチョコレートスタウト」で知られる地ビールの元祖・サンクトガーレン。パティシエがつくるチョコレートグラスとのセットでは、10分で売り切れてしまう人気商品だ。職人気質な岩本伸久さんが1人ではじめた同社が、ヒット商品をいくつも生み出すに至った過程とは? お話をうかがった。

広報さんに教えられた、「いつ作ってどう売る」の重要性

――ヒット商品である、チョコレートビールを最初に作ったのは?

 「2006年です。もともと地ビールマニア向けにエールビールを作っていたんですが、ビンテージで、コレクターズアイテムになるようなものを作ろうと思ったのがきっかけです。

 もともと黒ビールには、コーヒーのように焦がしたような香りのものがあるんですが、もっとチョコレートっぽくして、チョコレートスタウトを作ろうと決めました。その時期がちょうど年末でして、それならバレンタインに合わせようと広報の中川が言って、それが最初のきっかけですね。

サンクトガーレンの地ビール

 当時、彼女はほかで広報の仕事をしていて、うちは手伝ってくれていたんですが、彼女からみると、コイツらなんてバカなんだろうと。ただ作って売るだけで、世の中に広めようとしないなんて。僕もそのとき初めて教えられたようなものでした。バレンタインに合わせたPRが当たって、『インペリアルチョコレートスタウト』が売れて、翌年もまた売れた。そこからうちは、変わってきたわけですね。

 次に作ったビンテージは『麦のワイン』なんですが、この発売日は、ボジョレーヌーボー解禁の日に合わせようと。これも当たって、発売前に完売になっちゃうくらいの人気商品です」

――広報さんの力、すごいですね。

 「彼女が言っていることは正しい。一般の人の代表というか。そもそも、ビールがあまり好きじゃないですから。僕らはやっぱり、『ホップの香りを』とか言っちゃうんですよ。でも、そんなの一般の人はわからない。『チョコレート風味』といったほうが、興味をもってくれるわけです。

サンクトガーレン代表取締役 岩本伸久さん

 広く知ってもらえる商品を作っていくことで、いずれはホップの香りも嗅いでくれるかなとか、淡い期待を持っています。『アップルシナモン』というスイーツビールを作ったり、『湘南ゴールド』というオレンジを使ったフルーツビールを作ったり」

――そういうのは“職人基質”に反したりしないんですか?

 「ないんじゃないですかね。ただ、つまんないこだわりはいっぱいあります。たとえばフルーツビールだったら、出来上がったビールに果汁を加えてるものもあるんですが、それはビールじゃなくてカクテルじゃないかって僕は思っちゃう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:列島縦断!店長インタビュー

もっと読む

この記事もオススメ

2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5