記事種別

リアルな接客をECへ。注目のアパレル企業「TOKYO BASE」のオムニチャネル戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/09/08 08:00

今回のおしゃれ通信はアパレル企業「TOKYO BASE(トウキョウベース)」に注目します。アパレル業界では注目企業の同社ですが、ウェブ/EC業界では知らない人も多いのではないでしょうか。2008年12月創業で、セレクトショップ「STUDIOUS(ステュディオス)」、オリジナルブランド「UNITED TOKYO(ユナイテッドトーキョー)」を全国で28店舗運営しています。

話題の企業「TOKYO BASE」とは

 「TOKYO BASE(トウキョウベース)」代表の谷正人さんは、若干33歳。もともと「FREAK'S STORE(フリークスストア)」を運営するデイトナ・インターナショナルで販売スタッフを経験、その後、同社を設立しています。

 昨年、2015年9月には東京証券取引所マザーズ市場へ上場し、さらに成長を続けるTOKYO BASEの強さはどこにあるの...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • 話題の企業「TOKYO BASE」とは
  • 最大の強みは販売スタッフの「接客力」
  • 「リアル」と「EC」のつながりを可視化することで 本当のオムニチャネルを実現する
  • アプリなら、実店舗からECサイトに自然に誘導
  • TOKYO BASEは、そして世界へ。越境ECへの挑戦




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 金子洋平(カネコ ヨウヘイ)

    1979年宮城県石巻市生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、個人サイト「裏原.jp」にて独立。2004年~2015年まで株式会社ニューエイジを経営し、現在はファッションECコンサルタントとして活動中。

バックナンバー

連載:金子洋平のおしゃれEC通信

もっと読む

この記事もオススメ

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5