記事種別

[eBay事例]中古ブランド時計の現品販売で、越境ECでもオトクに回転率高く提供するCLOSER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/08/31 10:00

eBayに出店して越境ECに取り組むネットショップを紹介します。今回は、名古屋のメンズブランド専門リサイクルショップ「CLOSER」さんが登場。国内ECで、売上アップに貢献するのは「在庫量」と「販売価格」だと実感、越境ECでも同様の取り組みで売上アップを目指します。

中古時計の現品販売を行い、価格・回転率で勝負するCLOSER

 名古屋のメンズブランド専門リサイクルショップ「CLOSER」。中古ブランド時計、バッグ、宝石の卸業から始め、BtoCでもビジネスをしようと、2010年からヤフオク!で中古ブランド時計の販売を開始したのがEC事業の始まりだ。

 当初は個人アカウントだったが、オークション形式での販売が好評で法人アカウントに切り替えた。2012年には、楽天市場にも出店。ふたつのモールでつかんだのは、売上アップに貢献するのは「在庫量」と「販売価格」だということ。

 「当初、楽天市場に1,000点、ヤフオク!に4,000点という比率で出品していました。在庫連携ツールを採用したことで、実質、楽天市場に5,000点、ヤフオク!にも5,000点出品できている状態になった。楽天市場の在庫量が5倍になると、売上は2倍になり、売上が在庫量に比例することを実感しました」

CLOSER 時計・宝飾部門 総務・商品管理部 部長 小島隆史さん

 競争力のある販売価格は、CLOSERの特徴である“現品販売”で実現。多くのリユース事業者が、職人が修理を施してより良い状態とし、その分を価格に上乗せして販売するスタイルをとっているのに対し、CLOSERは仕入れたそのままの状態で、その分オトクな価格で売る。結果として、回転率を高く保てるわけだ。

国内より高く売れることも!英語が苦手ながらeBayに出品

 ヤフオク!、楽天市場と、日本のインターネットショッピングモールで成功をおさめると、次の市場として海外が視野に入った。

 「業界自体もグローバル化が進んでいく中で、海外に進出する同業者の方が増えてきました。ブランド、モデルによっては、国内よりも高く売れるという情報も耳に入り、当社でも挑戦してみようということになりました」

 知名度、ユーザー数を判断基準に、出品先は迷うことなくeBayに決定。手続きなど準備期間に2ヶ月ほどかけ、2013年12月から販売を開始した。

http://stores.ebay.com/closer0924

 「オープンまでのサイト構築は私が担当したのですが、英語がそれほど堪能なわけではありません。eBayは管理画面などもすべて英語で書かれているので、そこは苦労しました。でも、わからないことはイーベイ・ジャパンさんにお尋ねすればすべて答えてくれたので、英語に強くなくても、なんとかなるというのが私の感想です」

 CLOSERのスタッフは17名。英語で日常会話ができるスタッフは数名いるが、ネイティブのような堪能なメンバーはいないと言う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:eBay事例インタビュー

2015年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5